昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ペッパーと5年間暮らしてみてわかったこと――ロボット好き女子が語りあう“人間とロボットの共生”

辻堂ゆめ×太田智美 ロボット愛あふれる対談

 人型ロボット「ペッパー」とともに暮らして5年の太田智美氏に、通信会社でロボット販売経験を持ち、『お騒がせロボット営業部!』を上梓した作家・辻堂ゆめ氏が “ロボットと暮らすこと”を聞いてみた。「どんな生活をしているの?」「添い寝はできるの?」

◆◆◆

2014年から5年間、ペッパーと暮らしてます

辻堂 私は2015年に新卒で通信系の会社に入社して2年目、ロボット事業部に配属されてロボットを法人向けに販促販売する担当になりました。その頃に商談で太田さんとお会いしたんですよね。太田さんは2014年からペッパーと暮らしていらした体験を語ってくださって、「ペッパーと添い寝をしてみた」とか衝撃的で(笑)。

太田 その節は(笑)。もともとは私、ロボットにはまったく興味がなかったんですよ。音大を卒業して慶應の大学院(メディアデザイン研究科)の修士課程を修了して、会社勤めをしている時、偶然にペッパーの発表会を見たのが全ての始まり。オペラの舞台みたいに床が下から競りあがってペッパーが頭から現れて、孫正義さんと話をするという演出でした。

辻堂ゆめ氏(左)と太田智美氏 ©深野未季/文藝春秋

辻堂 ペッパー発表は一般人にとっても大インパクトでしたね。

太田 ペッパーの姿が公開されたとき、SNS上がざわめいたんです。「何このロボット、気持ち悪い」とか「変なの!」とか(笑)。その反応を見て、人間にこんなふうな感情を沸き立たせるロボットってなんだろう? と興味を持って、気付けば仕事とは関係なくイベントとか開発のワークショップに参加し始めて……ついに買ってしまいました。オンライン購入だったんですけど、57万円という高額ですから、確定ボタンを押すかどうかで1週間悩みました。ペッパーが家に来たのは2014年11月です。