昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載テレビ健康診断

子育てに追われるシングルマザーが、女性誌編集部で50日間働いたら顔が変わった――てれびのスキマ「テレビ健康診断」

『50日間で女性の顔は変わるのか!?』(日本テレビ系)

 日曜のお昼、油断してテレビを流していると時にとんでもない掘り出し物のような番組と出会うことがある。『50日間で女性の顔は変わるのか!?』(日本テレビ)はそんな番組だった。番組内容はタイトルのとおり。ダイエットや整形などではなく、50日間、それまでの日常とは違った環境に身を置くと顔が変化するのかを検証。そのVTRをマツコ・デラックスと吉村崇(平成ノブシコブシ)がモニタリングするというもの。

マツコ・デラックス ©共同通信社

 一人目は、スタッフが埼玉のショッピングモールで見つけたシングルマザー。7歳の双子の子育てに追われ、ファッションに疎くなってもう数年経っている。スタッフが彼女の人となりを探るため自宅でインタビューしている間も、子どもたちがずっと騒いでいる。そんな彼女にエレガントな女性向けのファッション誌『25ans』編集部で50日間アルバイトをしてもらうという。トレーナーにジーンズ姿で表参道にある編集部にやってきた彼女がまず目の当たりにしたのは、「浮世離れ」したかのような女性編集者たち。みんなが数十万円する服や靴、バッグを身に着けている。最初は、オフィスのトイレの水が温かいことすらも驚いていた彼女が、編集者たちに影響を受け、服装が段々と変わっていく。さらにメイクの仕方を覚えていく。すると表情も変わり、50日経った頃には目に見えて垢抜け、まったく違う印象の“顔”になったのだ。