昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『だから私は推しました』脚本家・森下佳子が語る「地下アイドルの“危うさと美しさ”」

脚本家・森下佳子さんインタビュー #1

 現在、毎週土曜日に放送中のドラマ『だから私は推しました』(NHK)。「地下アイドルと出会い、オタク沼にハマったOL」を主人公に、コメディ、サスペンス、成長物語と、どのジャンルにも収まりきらない“予想外のストーリー”が話題を呼んでいる。脚本を手掛けるのは『JIN-仁-』『ごちそうさん』『おんな城主 直虎』など、これまで数々のヒット作を生み出してきた森下佳子さん。森下さんはなぜ、いま「地下アイドル」を描いたのか? 創作の裏側を聞いた。

(全3回の1回目/#2#3へ続く)

◆◆◆

――ここまでの第1回、第2回と、まさに怒涛の展開ですね。

森下 そうですね。やっぱり1回につき30分、全8回しかないというくくりの中で、どうすれば効率よく色々なものを詰めていけるか、そこは考えて作っています。

 

――第1回のラスト、主人公の遠藤愛(桜井ユキ)が地下アイドルの栗本ハナ(白石聖)に心を動かされ、握手を交わす。この感動的なシーンで終わるかと思いきや、突如サスペンスの要素が登場し、ドラマの空気が一変しました。

「推して、推して、推していった先には何がある?」

森下 そもそも脚本のオファーを受けたときは、なんだか生活に疲れて、生きづらさに直面してしまった女の子が地下アイドルにはまって変わる、そして地下アイドルのほうも変わっていく……という、基本的には青春の物語だったんです。そこから「じゃあ、どう変わっていくのか」を考えるんですが、何度か打ち合わせをしているうちに、「推して、推して、推していった先には何があるんだろう?」というテーマが出てきたんです。

――そこでサスペンスの要素が?

森下 スタッフさんもエネルギーのある若い方が多くて、前向きに色んなものを取り入れたい、と意欲的でもあるんです。だから今回は演出も編集もすごい凝ってるんですよ。

主人公のOL・遠藤愛(桜井ユキさん、左)と地下アイドルの栗本ハナ(白石聖さん、右) ©NHK

第1回のラストで飛んでいた意外なセリフ

――個人的には、第1回でハナが前髪を切っているシーンにはグッときました。

森下 あそこ、良いですよね。でも、実はあのシーンを美しくまとめるために、私が書いたセリフが1つ飛んでるんですよ。

――えっ、どんなセリフだったんですか?

森下 1つギャグのセリフを入れていたんです(笑)。

――なるほど(笑)。

森下 でも、あのシーンはすごく良かったし、あそこで掴まれたという人も結構いるので、そのセリフは切って良かったんだなって思います(笑)。ドラマは演出によって決まる部分が大きいので、私も毎回「こう撮ってくるのか!」と楽しんで観ています。