昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ダイアナは幼すぎる」なぜチャールズ皇太子はプリンセスを愛せなかったのか 挙式前“破局のシグナル”

2019/08/12

 英民放ドキュメンタリーで、結婚式の1週間前から始まっていたダイアナ元英皇太子妃とチャールズ皇太子の“すれ違い”が明かされた。在英国際ジャーナリストの木村正人氏が、この番組から読み解ける英王室の「今後の課題」について解説する。

1981年7月29日、バッキンガム宮殿で結婚を祝福されるチャールズ英皇太子とダイアナ妃 ©ロイター/AFLO

カミラ夫人は「クイーン(王妃)」の称号に相応しいのか

「彼女は本当に可愛い。完璧なお嬢ちゃん。しかし幼すぎる。学校を卒業した歳には見えないし、ましてや結婚に相応しい年齢には見えない」――。

 12歳年下のダイアナ元英皇太子妃(故人)について、チャールズ皇太子が結婚式のわずか数時間前、友人に不安を漏らしていたことが、最近放送された英民放ドキュメンタリー番組で明らかになった。

 番組では自分はすでに結婚し、子供もいるのにチャールズ皇太子との不倫関係を続けたカミラ夫人の存在をダイアナが結婚前から疑っていたことが浮き彫りになっている。

 チャールズ皇太子がいずれ即位する時、カミラ夫人が「クイーン(王妃)」の称号に相応しいかどうか、改めて考えさせる内容だ。

6月8日、エリザベス女王93歳の誕生日祝賀行事 ©AFP/AFLO

 この番組は、英民放チャンネル5が7月、チャールズ皇太子とダイアナの結婚式までの1週間を証言で再現したドキュメンタリー「チャールズとダイアナ:結婚式の背後にあった真実」(原題「Charles and Di: The Truth Behind Their Wedding」)。番組は結婚1週間前の1981年7月22日から幕を開ける。