昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

大草原にはエポナがいた? 中国・ハイラルでリアル『ゼルダの伝説』を体験してきた

2019/08/24

genre : ライフ, , 国際

 週末ハイラル王国に行ってきた。いや、ゲームじゃなくて正真正銘本物のハイラル。

 中国東北部の内モンゴル自治区フルンボイル市に、ハイラルという場所がある。ファミコンディスクシステム世代からSwitch世代まで、その名を聞いて思いつくのは任天堂『ゼルダの伝説』シリーズで毎度災難に見舞われるハイラル王国だろう。

 ハイラルが位置する内モンゴル自治区と言えば、壮大な大草原が観光の目玉。2017年3月に発売され国内外で大ヒットした神ゲー『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(以降BotW)で、風にたなびく草原の美しさと被るものがある。名前が同じで風景も同じなら、そこはもうハイラル王国だ。中国でハイラル王国が見つかるかもしれない期待を胸に中国旅行へと旅立った。

注)ここより先はBotW序盤のネタバレが少々含まれます。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のプレイ画面では自然が美しく描かれ、馬で草原を駆け巡る爽快感はゲームの世界とは思えないほどだ。©2017 Nintendo

中国の寝台列車でハイラルへ

 2017年1月、LCCのSpring Japanが東京からハルビン直行便を就航し、中国東北部へ格安で行けるようになった。東京からハルビンまでは飛行機で3時間。ハイラルまではハルビンから更に飛行機を乗り継いで1時間20分で着くが、せっかくなら中国旅行の醍醐味である寝台列車に乗りたいところ。

2018年に新しく生まれ変わったハルビン駅の新駅舎。中国とロシアの文化が混ざり合ったハルビンらしいデザインとなっている。

 中国の寝台列車には、高包(スイート)、軟臥(1等)、硬臥(2等)など、様々なクラスがある。高包は個室、軟臥は2段ベッド、硬臥は3段ベッド。字面の通り硬臥より軟臥のベッドが柔らかい。

満洲里行きの寝台列車。硬臥は見知らぬ人とのコミュニケーションが楽しい。

 硬臥のコンパートメントにたどり着くと、早くも下段で宴会が始まっていた。軟臥では物静かな乗客が多いが、庶民的な硬臥では乗客みんなで食べ物を持ち寄ってワイワイ楽しむ習慣がある。いつもなら宴会に混ざってお互いにツマミを振る舞い合うところだが、ハルビンまで旅程が一緒だった友人にハルビン市内を案内して疲れていたので、「おやすみ」と一声かけて上段のベッドに横たわった。

 21時半に車内が消灯されると、乗客はすぐにお喋りをやめて就寝する。静かに進む鉄道の音がカタンカタンと心地よく、車掌がダミ声で起こしに来るまでぐっすり寝た。