昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/09/03

味変も楽しめる「冷やし味噌」

 もう1つの人気メニュー「冷やし味噌」は中太の中華麺に冷たい味噌ダレがかかって、たまご、チャーシュー、たっぷりのネギがのっている。この味噌ダレがやや辛く、中太麺との絡みがなかなかよい。お姐さん曰く、「ラー油をかけるとまた味変してうまい」とのこと。麺の量もかなり多い。

「冷やし味噌」は中太の中華麺に冷たい味噌ダレがかかった夏のメニュー

 常連さんが次々と来店し、女将さんとマシンガントークを開始している。笑顔が絶えない店先である。ガンガン食べていると、社長の星川正光さんが厨房から出て来て、「柚子切りそば」を試作したので食べてみて欲しいと3袋もってきてくれた。その味もなかなかのものだった。

飲食コーナーは常連さんでいっぱい
厨房兼注文受け渡し口はここ。女将さんは鍋を片手にトーク炸裂
「柚子切りそば」の試作をいただくことに

 外のテーブルで食べていると、3代目の大旦那がみえられて、少しだけ話をすることができた。昭和30年代頃、一帯は梨畑と田んぼが永遠に続くような光景だったそうだ。水がよくて、近隣の稲城市などにも製麺所があったが、今はほとんどなくなってしまったという。

 女将さんと社長に挨拶し、「星川製麺 彩」を後にした。

秋の味覚と麺散歩

 中野島へ戻る途中、田村果樹園で梨の幸水とブルーベリーを買って帰路についた。

帰り道に立ち寄った「田村果樹園」で梨の幸水をゲット

 9月一杯は梨の露地売りも盛んだそうで、地物の野菜なども購入できる。中野島にはよき時代の川崎が残っている。秋の味覚と麺散歩もなかなかよい。

梨の他にも露地物のブルーベリーや野菜、梅酢なども販売している

写真=坂崎仁紀

INFORMATION

星川製麺 彩

神奈川県川崎市多摩区菅馬場1丁目12-16
営業時間 月~土  11:30~14:00
定休日  日・祝
https://twitter.com/kazu0226ko
(定休日などはこちらで確認してくださいとのこと)

この記事の写真(15枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー