昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集観る将棋、読む将棋

まさに百折不撓 棋士と記者が見た“将棋の強いおじさん”木村一基新王位46歳の素顔

7度目の挑戦で初タイトル獲得。ある棋士は3年前に予言していた

2019/09/27

家族への言葉を求められると……

「百折不撓」とは何度失敗しても信念を曲げないことだが、まさに木村を表すにふさわしい。そんな木村が発した、ファンの心を打つ名言がある。

「負けと知りつつ、目を覆うような手を指して頑張ることは結構辛く、抵抗がある。でも、その気持ちをなくしてしまったら、きっと坂道を転げ落ちるかのように、転落していくんだろう」

©山元茂樹/文藝春秋

 その言葉通りに木村は踏みとどまり続け、7度目のタイトル戦にしてついに悲願を成し遂げたのだ。奇しくも、兄弟子の米長邦雄永世棋聖が7度目の挑戦にして、49歳11ヵ月で名人を獲得した平成5年当時に「中年の星」と騒がれたが、弟弟子は令和時代の中年の星となった。

 豊島が頭を下げた瞬間については「いつも通りだったような気がします。勝ちを意識していた時間が短く、楽観している暇もありませんでした」と振り返る。

 インタビュー中は普段通りの様子だった木村だが、これまで支えてくれた家族への言葉を求められると、思わず目をぬぐい「家に帰ってから言います」と消え入りそうな声で語った。

家族への言葉を求められると…… ©文藝春秋

 2日目の昼食休憩時、筆者は対局室に戻ろうとする木村と廊下ですれ違った。その時の木村はこちらを向いてニヤリと笑った(ような気がした)。木村のこんな姿を見るのは初めてで、やはり過去とは何かが違うように思った。その数時間後にタイトル獲得の感想を求められた木村は「これまでは自分に縁がないものと思っていたので、あまり意識していませんでした。まだ実感もありませんが、これからその重みを意識するようになるのでしょうか」と語った。

 その重みを実感してからの「将棋の強いおじさん」の活躍により期待したい。

この記事の写真(12枚)

+全表示

この記事を応援したい方は上の駒をクリック 。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春将棋をフォロー