昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“立ちそばの聖地”東京・板橋 常連客が閉店する老舗そばを救った話

2019/10/01

 都営三田線、本蓮沼から志村三丁目あたりには立ち食いそば屋が点在している。板橋は大衆麺処の聖地なのかもしれない。

 深夜営業の「そばひろ」、環八沿いの「石かわ」、志村三丁目の「文殊」、そして志村坂上の「さかうえ」である。

 志村坂上駅の北側の改札を出てA4の階段を上がる。そこには中山道に面した高台の明るい街が広がっている。志村坂上は武蔵野台地の東端に位置しているそうだ。駅から志村三丁目の方へ城山通りを歩いていくと、左手にある小さくて古い商店街「第一ストア」の入り口に立ち食いそば屋「さかうえ」が現れる。
 

板橋は大衆そばの聖地か、志村坂上にも名店が多い
中山道が志村坂上駅の上を走る
駅から志村三丁目の方へ城山通りを歩いていく
第一ストア商店街の入り口に「さかうえ」はある

常連客が名店を引き継ぐ

「さかうえ」は2018年2月に惜しまれながら閉店した「おくちゃん」(昭和49年創業)の味と建物を引き継いで、常連だった中島斗三之さんが2018年4月に創業した店である。奥さんも営業をサポートしており、アットホームな雰囲気である。

 9月最後の連休の日曜日の昼下がりに訪ねてみた。店の雰囲気は「おくちゃん」と変わらない。ファサードの色が白から茶色に、暖簾が一部白くなった位の違いだ。

 暖簾をくぐってみる。店はL字のカウンターで、手前に麺茹でやつゆを温める茹で釜、奥に茶色の板に白字のメニュー。とてもきれいに管理されている。昔のままである。

整然とした店内、中島店主もお元気そうでなにより
厨房の手前に茹で釜が鎮座している

 店には地元の常連のおじさんやおばさんがひっきりなしに入店してくる。

 小学生の娘さんとお父さんがやってきて、娘さんは慣れた様子で「冷やしコロッケうどん大盛り」と注文している。しばらくすると自転車にのった小学生の3人組が来てそばを食べている。その全員が常連なのだ。

「おくちゃん」を彷彿とさせるメニュー

「紅生姜天そば」や「納豆そば」など「おくちゃん」からの人気メニューもある。早速、「春菊そば」(400円)を注文してみた。