昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

雅子さまオンオフ着回しの“国民感覚” 1カ月に3つの地方公務を果たされた「1泊2日」メソッドとは

2019/10/05

genre : ニュース, 社会

 9月28日から29日、天皇皇后両陛下は国体の総合開会式に臨席されるため、茨城県を訪問された。両陛下は往路と復路ともに、車体に菊の紋章が入った「お召し列車」に乗車された。これは即位後初めてのことだ。

 ロイヤルブルーのスーツをお召しになった雅子さまのお足元は、同じくブルーがアクセントにあしらわれたバイカラーパンプスで、愛知県ご訪問などでお召しになっていた細いヒールのパンプスと近いデザインだ。クラッチバッグも同じ配色で、キリッと締まった装いだった。

茨城県ご訪問のため、お召し列車で出発される天皇皇后両陛下 ©時事通信社

「お召し列車」が上野駅に停車した時、起こったこと

 JR東京駅を出発される時や、JR日立駅でお見送りを受けられる時などに、両陛下が立ち上がった姿勢のままホームの人々へ笑顔を向けられている場面が報じられた。往路の上野駅では着席されていて、雅子さまのご負担を考慮されてのことだったのかもしれない。

令和初の「お召し列車」が運行 多くの鉄道ファンらが詰めかけた沿線

「お召し列車」は上野駅に約1分間停車したが、その間、両陛下はずっと笑顔で手を振られた。偶然、隣の線路に止まった在来線の車両の中から両陛下に気付き、驚いて手を振る乗客たちにも、体ごとそちらのほうを向かれてにこやかに手を振られていた。

 両陛下は車内でご昼食をとられたという。JR勝田駅に到着されると、午後には国体開会式へ臨席された。上皇さまから引き継がれた地方公務の一つで、上皇さまのご負担軽減で2009年以降なくなっていたおことばが復活。陛下は「この大会に参加する皆さんの中から、来年の東京オリンピックにおいて活躍する選手が数多く誕生することを期待しております」と述べられた。