昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 ベストセラー解剖

いじめの元当事者が伝えたい「いじめや虐待から自分を守る“法律”という社会のルール」

『こども六法』(山崎聡一郎 著)――ベストセラー解剖

2019/10/30
『こども六法』(山崎聡一郎 著)

 法律は誰もが守らなければならないルール。しかし、誰にでも読める文章では書かれていない。法教育の研究者であり、写真家、俳優などの顔も持つ多才な20代の著者は、専門家など多くの人の知恵を借りつつ、誰でも理解できる易しい形に、その一部を書き直してみせた。たとえば刑法の「強要」は、「おどして何かをさせたらダメ!」と訳されている。子供たちがいじめや虐待などの理不尽な行為から自分を守るための法律を中心に紹介している。

「法律の研究は細分化されており、本書のように法律全般に及ぶ内容を専門家がひとりで書くのは困難です。著者が法律の専門家だったらまず考えつかない斬新な企画であり、また、いじめの元当事者がいじめ防止を目的とする本を書くことの強い思いを応援したい気持ちもあって、法律の専門書を主に手掛ける弊社からの刊行を決めました」(担当編集者の外山千尋さん)

 子供だけではなく、大人の読者も意識している。

「身近にある問題を見て見ぬふりしている大人の、心の逃げ道を塞ぎたい気持ちもありました。いじめと全く無縁に育った人って、この国にはほとんどいないんですよね。児童虐待や、痴漢などの性犯罪もそう。はっきりと法で許されない行為だと知れば、そうしたものをただ黙って見過ごしてしまうことも、減ると思うんです」(外山さん)

2019年8月発売。初版1万部。現在5刷20万部

こども六法

山崎 聡一郎

弘文堂

2019年8月20日 発売

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー