昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集観る将棋、読む将棋

2019/10/31

旦那さんの将棋は見ますか?

――上田さんは、旦那さんの将棋は見ますか?

上田 中継されていれば見ますよ。

――どんな心境ですか?

上田 間違えないで欲しい(笑)。

及川 うん(苦笑)。

上田 やっぱり普通の観る将の人より先が見えちゃうので、いろいろ考えてしまうんですよ。ずっと見ていると精神的に大変なので、終盤だけ見ます。上の子が寝てから「どんなもんかな?」という感じです。そのとき接戦だと、嫌ですね。

――接戦だと、間違えないかドキドキすると。

上田 いかにも間違いそうな局面だと、1手進むごとにそれが正解だったのか読んでしまうから大変なんですよ。結果だけ知るほうが楽ですね。

 

――それで勝って帰ったら、すごく喜んでくれているというわけでも?

及川 ないですね。

――ははは(笑)。

及川 まあ、機嫌はいいですかね。負ければ、機嫌悪いかな。

上田 将棋の内容にもよりますね。

――帰ってから一緒に将棋の検討をしたりとかは?

及川 しないです。

上田 でも自慢はされますよ。

及川 自慢はしますね。

上田 今日の将棋、よかったでしょって(笑)。

人より将棋のコツを掴むのが上手い

 及川さんと上田さんは、口を揃えて「一緒にめっちゃ指した」という間柄。

 お互いの将棋について、そうとう深く知り合っているお二人に、それぞれの将棋について語ってもらった。

――及川さんから見ると、上田さんの将棋は、どういった将棋ですか?

及川 そうですねぇ……(長考に沈む)。

上田 ふふふ(笑)。

及川 才能はあると思いますよ。あんまり将棋の勉強をしていないのに、将棋が強い。だからセンスはあるんだろうなと思います。たぶん、人より将棋のポイントというかコツを掴むのが上手い。

――コツ?

及川 ここを押さえておけば負けにくいポイントが、将棋にはあるんですよね。それを見抜く力があると思います。