昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集観る将棋、読む将棋

「あまり勝負へのこだわりがない」及川拓馬六段が勝ちまくる理由を妻はどう見たか

及川拓馬六段、上田初美女流四段インタビュー #2

2019/10/31

 子育てをしながら「棋士」と「女流棋士」として活躍している及川拓馬六段と上田初美女流四段。この後編では、より将棋のことにフォーカスをして話を進めていこう。

 昨年度は、及川六段が7割6分7厘と棋士全体でも5位の高勝率をあげ、順位戦C級2組を全勝で昇級したことでも大きな注目を集めた。今期も目下5連勝中、順位戦で4勝1敗と好成績を挙げている。

 また、上田初美女流四段は、男性棋士のA級リーグに相当する「女流名人リーグ」に在籍し、昨年度は7勝2敗の好成績をあげるとともに、渡部愛女流王位(当時)との対局では「名局賞特別賞」も受賞したことでも話題となった。

 

及川さんの好成績の理由

 棋界の話題になるほどの好調ぶりだが、妻である上田さんは、及川さんの好成績の理由をSNSに2つ書いていた。その2つとは何か。妻のSNSは読まないという及川さん自身にはわかるだろうか。

及川 うーん。2つですか。ひとつは、二人目の子供が生まれてモチベーションが高くなったことですね。

上田 そう。

及川 もうひとつはなんだろう……。金が必要になったとか?

上田 わはは(笑)。

――上田さんは、今、流行している将棋と、及川さんの指したい将棋がマッチしているのではないかと書かれていました。

及川 なるほど。

――これは具体的にどういうことですか?

上田 すごく簡単にいえば、振り飛車が勝ちやすい時代とか、居飛車が勝ちやすい時代というのがあるんですよね。そのときに勝ちやすい棋風というのがあって、今の将棋が、彼が指したい将棋と合っているのではないかなと思います。

及川 そうですねぇ。ひとつ目の子供がもうひとり生まれたというのは、たしかに大きいです。モチベーションって大事なんですよ。私の中で。

 

――気持ちの面が大切だと。

及川 私は、勝ちにこだわることがあまりできなくて、精神面であまり棋士に向いてないんです。負けだったらしょうがないなって思ってしまう。でも、それはすごくよくなくて……。棋力が同じ場合に勝敗を分けるのは、勝ちへのこだわりなんですよ。

対局があれば、堂々と家から出られる

――二人目のお子さんが生まれて、勝ちへのこだわりが出たと。

及川 というより、二人目の子供が生まれたことで、より自分の時間が少なくなり……。それで対局のときが、ちょっとした息抜きのような感じになって、頑張れるようになったんですよね。

――単純な責任感とはちょっと違う?

及川 勝つとまた対局がありますからね。対局がないと、家にいなくちゃいけないから……。

上田 ははは(笑)。

――勝って対局があれば、堂々と家から出られると(笑)。

上田 対局には、文句はつけられませんからね。

及川 結婚したときと、一人目、二人目が生まれたときが、私の成績が一番いいらしいんですよ。節目のとき、いろいろとモチベーションが高いほうがいい結果を残せるようですね。