昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/10/31

 さっそく電話して事情を聴こうとしたところ、電話口に出た女性から「上の者から取材には応じないよう言われているので」と申し訳なさそうに返答がありました。まあ、確かに「あなたのところのクリニックでは効果の実証がされていない不思議な療法でおカネを取っているようですが、それは大丈夫なのでしょうか」という取材が来たら私でも困ってしまいますから、仕方がないんですけどね。

料金表から消えた「血液クレンジング」

 で、ヤバいと思ったのか、先月ぐらいまでは掲載されていた「血液クレンジング」の診療料金の項目が、現在では綺麗さっぱりなくなって更地に。せっかくなので血液クレンジングの聖地としてエイベックスビルで頑張っていただきたかったのですが、残念なことです。

エイベックスビルクリニックに掲載されていた「血液クレンジング」の紹介ページ(現在は削除)

before
http://web.archive.org/web/20180821093928/http://avex-clinic.com/price.html

After
http://avex-clinic.com/price.html

 さらには、明らかに効果がないと指摘される割に18,000円もする高濃度ビタミンC点滴や、さらにプラセンタまでぶち込んだ「シンデレラ点滴」が一発32,000円也で堂々と掲げられていましたが、さすがにヤバいと思ったのか削除されてしまいました。しかし、いまでも「内臓回復注射」なる何それ感マキシマムな注射まで含まれていて、サイトを閲覧しているこちらの鼻水が止まりません。秋だからでしょうか。

 これ、うっかり乗っかってしまってカネを払う人はいるんでしょうか、と思うんですが、例えば末期がんで余命幾ばくもない状況で「ビタミンC療法や温熱療法がもしも少しでも効果があるなら」と藁にもすがる思いで札束握りしめてこれらの医療施設に駆け込んでしまう病人やご家族がいたとしたら、私は否定できません。

やりたい奴はカネ払ってやれば?という自費治療

 また、ニセ医療といっても、恐らく効果がないであろうことは論文的に明らかであったとしても(とりわけ、高濃度ビタミンC療法などはがんなどの治療に効果がないことから保険適用外であり、標準治療から完全に外れている)、自費治療である限り、ある程度は適法に認容されているものです。治療効果はまるでないけれど、やったところで副作用もそんなにないだろうから、やりたい奴はカネ払ってやれば? という類の自費治療だよね、ということでしょう。

©iStock.com