昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/10/31

――本件事業につきましては、貴社元経営者の経沢香保子さんが事業立ち上げの責任者、また、編集長は今回問題になっている伊藤春香さんであったという認識で間違いございませんでしょうか。

「こちらはご認識の通りです」

©iStock.com

くだんの美容医療系情報サイト、現在の経営者は

 この美容医療系情報サイトは、元経営者の経沢香保子さんご退任のあと、別の事業者に売却されているのですが、そっちにも話を聞いてみました。

――昨今、効果の乏しいニセ医療問題で「血液クレンジング」が大きく取り上げられていますが、貴社が行っていた情報提供・発信の中で、2012年から13年にかけて編集長をされていた伊藤春香さんがご自身のブログで40件以上の血液クレンジングなど貴社サイト発の美容情報を提供していました。

 その後、貴社は他社から当サイトが譲渡される中でこれらの問題となるような美容関連記事もほぼ無くなったかとは存じますが、現在はこれらの問題のある美容情報の提供は貴社サイト「キレナビ」ではされていないということでよろしいでしょうか。

「まず、現在のサイトの運営に関し、最近、事業を(他社から)引き継いだばかりで、伊藤春香さん(はあちゅうさん?)とは全く面識なく、大変恥ずかしながら、今回山本様からのメールにて、過去にお付き合いがあったことを知った次第です。

 ですので、過去の事情については、大変申し訳ないのですが、お役に立てそうにありません。直接、伊藤春香さんにお問い合わせいただければと思います。

 また、そういう次第ですので、問題ある美容情報の提供は一切行っておりませんし、今後も行うつもりはありません」

©iStock.com

 どうもこのサイトもはあちゅうさんがいなくなり、経沢香保子さんのところから事業売却されてからは真面目にサイト運営をしているようなので、そっとしておいてあげようと思いました。ただ、経沢香保子さんはいまキッズラインというベビーシッターのマッチングサービスを新たに立ち上げておられるようで、そっちはそっちで黒煙が上がらないか心配でなりません。

 問題は、これらのニセ医学と見紛われる、医学的根拠のはっきりしない各種「療法」が、どこまで容認され得るものなのかという点です。

 例えば、ニセ医学的には定番となりつつある、各種がんなどの遺伝性疾患について、患者から検体を取り遺伝子検査をすることで「あなたの遺伝子だと、この臓器のがんに発症する確率はこのぐらいですよ」という情報が得られるサービスがあります。