昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載テレビ健康診断

ラグビーW杯決勝、(和太鼓をやめて)素晴らしい中継にしてほしい――青木るえか「テレビ健康診断」

『ラグビーワールドカップ2019 日本vs. 南アフリカ〈準々決勝〉』(NHK総合)

2019/11/02

 テストマッチと本チャンではこんなに違うか、とテレビ見ながら感心してしまったラグビーワールドカップ(以下WC)。ゲームじゃなくて中継番組が。

 日本対南アのテストマッチについては9月26日号の当欄で書いたように「試合前やハーフタイムに芸能人が投入されたものの、それほどうるさくなくスポーツ中継の本分を守っていた」のが意外だったが、とにかく試合そのものがペラペラに感じてしまうような中継だった。その時は、試合内容がしょっぱいからそうなったと思ってたが。

 ついにWCが始まると、選手が入場してくる時に黒装束の若者が和太鼓叩くという、どっかの代理店に押しつけられたような演出があり、キックオフで鼓打つ時の「イヨォ~ッ!」みたいな声が入るとか、「そういうことだけはやめとけ」と思ったことがきっちり行われててガックリきたものの、試合そのものはテストマッチとは到底比べものにならない。たとえ日本と関係ないワンサイドゲームであってもテレビで見てるだけで厚みが違った。今までWCはすべて海外の試合を見てたわけで、「ラグビーが国技みたいな国でやってるWC」だからあんなにグラウンドも客席もぶ厚い熱気が覆ってるんだろうと思ってたのだが、驚いたことに、ラグビーが現在イケてるとも思えない日本で「ちゃんとぶ厚かった(和太鼓以外)」。いくら日本のテレビ局でも、いつものバラエティノリでおもちゃにするのは躊躇(ためら)われるぐらいデカいイベントだったということか、それとも「ラグビーだからこの程度で済んだ」のか、どちらにせよ、よかった。

準々決勝終了後、円陣を組む選手たち ©AFLO

 日本が予想外の善戦で予選突破するという想像もできない事態。これも中継が破壊されるほどの大騒ぎになるんじゃないかと思ったが、恐れていたほどではなかった。かわりにワイドショーが「いかなる日本代表でも勝つとこれしかやることないのかよ」という「騒いでいる人を映す」をやり続けるのでゲンナリしたが、決勝トーナメントは南アに完敗。

 同じ日に日本テレビ系で「フランス対ウェールズ」があって、この中継が良かったんですよ。落ち着いて、かつ緊張感にあふれ、しかし淡々と、ラグビーの面白さをまったく浮つかずに視聴者に見せてくれたと思う。ハデさはないが、スポーツ中継は本来こうであってほしいという静けさがあった。「日本が出てないからそうなった」だけかもしれないが、このあと日本はもう出てこない。浮かれてへんなことする必要も何もない。すばらしい決勝の中継をしてくれー。とにかく「この日本でやるワールドカップ決勝!」とか意識しないで淡々とやってほしい。できれば和太鼓もそっとひっこめててくれないものか。

『ラグビーワールドカップ2019 日本vs. 南アフリカ〈準々決勝〉』
NHK総合 10/20放送
https://www.rugbyworldcup.com/

出典元

法務大臣<河井克行>夫婦のウグイス嬢「違法買収」

2019年11月7日号

2019年10月31日 発売

定価440円(税込)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー