昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/11/05

genre : ライフ, グルメ

「味はずいぶん変えたね。お客さんは、塩ラーメンが好きだっていう人が多い。私は味噌ラーメンのほうが好きだけどね。しょうゆ、塩はどっちかというとさらっとしてるけど、味噌はお腹にたまるのよ。使ってる味噌も違うし」

店主オススメの味噌ラーメンを注文!

 ということで味噌ラーメンを。

 濃厚なスープを飲むと、昭和の記憶が甦ってきた気がした。麺の香ばしさや、ホロッと崩れるチャーシューについても同じことが言えるのだが、小学生のころ、親に連れて行かれたラーメン屋で食べた札幌味噌ラーメンの味なのだ。

味噌ラーメンを注文
濃厚なスープを飲んだら昭和の記憶が甦ってきた気がした

「食べものなんて、好みは十人十色だから。うちのラーメンが好きな人はうちへ来ればいいし、チェーン店のラーメンが好きだったらそっちに行けばいいし」

 感動したことを伝えたら、そんな返事が返ってきた。やはり飲食店の味には、つくる人の誠意が表れるように思う。

「目の前でやって、目の前で答えが出てくる」

「まあ、一生懸命やるだけだよね(笑)。でも、どんな商売でもそうだけど、仕事をやって相手に喜ばれるのが一番楽しみだね。だから、たくさん残された場合には、ああ、口に合わなかったんだなあと思うし。それを悔やんでもしょうがないけど。でも、7割、8割方が、『ごちそうさま。おいしかった』と言って帰ってくれるじゃない。それが一番の喜びだよね。機械いじってると、どんな精密な部品を作っても、それがどこで回ってて、誰が使って、誰が喜んでるかはわからない。けど、この商売の一番いいのは、目の前でやって、目の前で答えが出てくること。それが最高にうれしいことだよね」

撮影=印南敦史

INFORMATION

江戸一
千葉県船橋市上山町2-246
営業時間 11:30~14:00、17:00~21:00
定休日 月曜日

餃子 400円
味噌ラーメン 600円
ビール 500円

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(23枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー