昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/11/24

 タモリさんがスタジオで地球儀を見て、『24時間テレビ』を批判する竹村健一さんのモノマネを急にやりだして。「今、オイルショックやらなんやらでいろいろ大変なのに、この国だけだよ、チャリティーチャリティーと言うてるのは」と大阪弁で。

 すごく面白かったので、そのまま『24時間テレビ』のコマーシャルとして世に出したんですよね。

――きわどい! 竹村さんご本人の感想は?

都築 竹村さんは、後からいろいろ文句言ってたって聞いてますけど……(苦笑)。別の年には、ちょうど参議院選挙の時期だったので、タモリさんが候補者に扮して偉そうに選挙演説するCMを作った。

 

「肢体不自由の人とか難民とか、困っている人がいっぱい居る。君たちはそういうことに対して何もしないのかね。募金もしないのかね」「君たちはやってますか?」とその候補者が偉そうに説教した後、「でも、私はやりません」って。すると、上からポツンと何か落っこってきて、「アイタッ」みたいなことを言うってオチなんですけど。

――これもまたきわどい。

都築 要するに全部、チャリティーという権威をコケにするコマーシャルなんですよ。タモリさんって権威主義に対してものすごい嫌悪感を持っていて、初期の芸風なんて、全部そんなものだったでしょう。教授に扮してでたらめなことを言う「中洲産業大学」のネタとかね。

 僕は『24時間テレビ』でチャリティーイコール権威というような図式を徹底的に破壊したかったんだけれども、その思いをタモリさんも共通して持ってたんです。

デーブ・スペクターがかけてくれた言葉

――チャリティーを、大衆がやったっていいじゃないか、と。

都築 そうそう。そう言えば、デーブ・スペクターさんがひょこっとスタッフルームを覗いて、『24時間テレビ』のことを「日本人に一番似合うチャリティーだね」と褒めてくれたことがありました。

 

――「日本人に一番似合う」。なぜでしょう。

都築 ちょっとしたことで表彰なんかしたりして、チャリティーだとかなんとかって日本人がやると、大体が違和感あるでしょう。

 そういうことじゃなくて、普通の人が集まってきて、募金する。その気負わなさが日本の風土に合っているよね、ということを、彼は言い当てたんですよ。

#2「感動ポルノについて『ええ、知ってます』――『24時間テレビ』生みの親にネットでの批判について聞いてみた」へつづく)

写真=平松市聖/文藝春秋

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー