昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

めまい、肩凝り、腰痛……その症状、実は「天気痛」です!

なぜ天候の悪い日は体調も悪くなるのか?

「雨が降ったり、台風や低気圧が近づいてくると、古傷が痛む、頭痛やリウマチがひどくなる、という話は古くからありました。でも、原因がよく分からず、諦めていた人も多いのではないでしょうか。『気象病』という医学用語もありますが、これまで天気と痛みの因果関係をきちんと研究した例は海外を見てもなかったのです。私は、天気の変化が身体に痛みをもたらす原因が気圧にあることを突き止め、この症状を『天気痛』と名付けました」

気圧の変化が影響する ©iStock.com

 そう語るのは、愛知医科大学病院・痛みセンターの佐藤純客員教授。天気痛の研究を始めて23年になるという。愛知医大病院に日本初の「気象病外来・天気痛外来」を開設し、『天気痛』(光文社新書)などの著書も持つ、この分野の第一人者だ。

耳の奥にある“気圧センサー”

「天気痛とは『天気の影響を受けて生じたり、悪化したりする慢性の痛みがある』状態をいいます。つまり病名ではなく、元々もっている病気が天気の変化によって悪化する病態のこと。元になる病気は偏頭痛、緊張型頭痛、頚椎症、肩こり、変形性関節症、腰痛症、関節リウマチ、線維筋痛症などです。このほか、歯周病や脳卒中、喘息なども天気の影響を受けることがわかっています」(同前)

愛知医科大学病院・痛みセンターの佐藤純客員教授

 では、どういうメカニズムで天気痛を発症するのか。佐藤氏らの研究グループはマウスを使った実験で、耳の奥にある内耳に気圧の変化を感じるセンサーがあることを突き止め、今年1月、アメリカの科学誌「プロスワン」に論文を発表した。鳥類が気圧を感じる器官は特定されているが、哺乳類ではこの研究が初めてだという。