昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

冬でも読みたい「怖い話」

せっぱ詰まった人形供養の依頼「捨てても戻ってくる」と怯える青年の恐怖体験

怪談和尚の京都怪奇譚 「人形」#3

2020/01/03

京都・蓮久寺の三木住職のもとには、助けを求める人が絶えない。ポルターガイストに悩まされる人、人形をお祓いしてほしい、さまよう霊を供養成仏させてほしい……。そんな実話や自身の体験など、現代の怪談、奇譚の数々を収めた『怪談和尚の京都怪奇譚』(文春文庫)より背筋の凍る「人形」を特別公開。見えない世界に触れることで、あなたの人生も変わる……のかもしれない。

◆ ◆ ◆

せっぱ詰まった人形供養の依頼

「人形供養をお願いします」

 そう頼まれることはよくあるのですが、珍しいと感じたのは、持ってこられた方が、まだ20代そこそこといった感じの男性だったからです。

「承知しました。お預かりして、後日、お焚きあげしておきます」そう私が答えたのは、他にも持ってこられる予定の人があったので、その時に一緒に供養しようと思ったからでした。

©iStock.com

 それを聞いた男性は、「それでは困るんです。今すぐにして下さい」何かせっぱ詰まった様子でおっしゃるのです。「これは何か特別な訳がある」そう思った私は、この人形にまつわる話を詳しくお聞きすることにしました。

「この人形は、どういった経緯でお持ちになったのですか」そう私は切り出しました。

 すると男性は、少し話すのをためらうように、

「人形に聞かれたくないんですが」

 そうおっしゃいました。

男性は叫ぶように大声で…

「そうですか。では人形を本堂に置いて、奥の間でお話ししましょう」

 そう言って、男性から人形の入ったバッグを受け取りました。そして、バッグから人形を出そうとしたとき、男性は叫ぶように大声で、

「そのまま、そのままバッグから出さないでください」

 と言われるんです。男性がかなり怯えておられるようなので、言われた通り、バッグに入れた状態で本堂の前机に置きました。

©iStock.com

 奥の間といっても、本堂のすぐ隣で、ふすま1枚で仕切られただけの部屋です。温めのお茶を2人ですすりながら、ようやくお話を聞くことができました。

 男性のお話によると、人形はなかば強制的に家にやって来たとおっしゃるのです。