文春オンライン

過酷であればあるほどいい 『ゆるキャン△』で沼に落ちた海外旅行オタクが解説する冬キャンプの魅力

『ゆるキャン△』は全然ゆるくないので注意

2020/01/04

genre : ライフ, , 国際

ポイント4:富士山はすごい

 海外に行くと現地人から「忍者、侍の国だろ?」「寿司、天ぷら、すき焼きー!」「いつか富士山を見てみたいなぁ」と、彼らの知っている日本を披露されることがよくあり、富士山は頻出するキーワードの一つだ。

 エベレストを筆頭に有名な山は世界に数多くあるが、それらと比較して標高が高いわけでもなければ登山の聖地でもないのに有名なのは、おそらく唯一無二の美しい形を持つフォトジェニックな単独峰だからだろう。外国人に言われて富士山の魅力に気づき、キャンプを始める以前からたまに河口湖や山中湖まで眺めに来てはいたが、至近距離のキャンプ場で見る富士山は何度でも来たくなるほど別格だった。なでしこが富士山に執着するのもよく分かる。 

富士山から朝日が昇るふもとっぱらキャンプ場の朝。シルエットがただただ美しい。

 上記の魅力はあくまで海外旅行オタクの視点からお伝えしたため一般的な視点からかけ離れているので、原作1巻、アニメ3話で主役のリンが語った冬キャンプの魅力を抜粋しよう。 

ADVERTISEMENT

「虫がいない、汗かかない、他のキャンパーが少なくて静か、焚き火と温泉が気持ちいい、景色が遠くまでキレイに見える、汁物がうまい……ってところかな」 

 

過酷であればあるほどいい 『ゆるキャン△』で沼に落ちた海外旅行オタクが解説する冬キャンプの魅力

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー