昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

なぜ昭和のトップスター・岡田嘉子は恋人と「ソ連への亡命」を決断したのか

嘉子が彼に突き付けた踏み絵だったのだ――岡田嘉子の越境 #1

2020/01/16

スター女優と若手舞台演出家の亡命

 いまの日本では「越境」「亡命」といっても全くピンとこないだろう。島国の日本に陸地の国境はない。しかし、75年以上前には、傀儡国家「満州国」と他国との境以外にも国境が存在した。

 日露戦争の結果、北緯50度線以南の半分が日本領となった「樺太」(現サハリン)で、北半分を占めるソ連領との境。そこを雪の正月に越えて行った男女がいた。それも、女は当時のトップスター・岡田嘉子。といっても、いまの若い人たちにはピンとこないだろうが、映画や舞台で活躍し、一時は人気ナンバーワンになった女優、男は若手舞台演出家・杉本良吉だった。共産主義国家ソ連への2人の亡命は当時、大きな話題と反響を呼んだ。

岡田嘉子 ©文藝春秋

 しかし、ソ連ではスターリンによるとされる粛清の嵐が吹き荒れており、越境・亡命劇の結末は、本人たちが夢見たものとは全く違っていた。詳細はいまも現代史の謎の1つとして残されている。前代未聞のスター女優の越境、亡命とは一体どんなものだったのか。資料や当時の新聞記事を基に見てみよう。

「岡田嘉子謎の行方 杉本良吉氏と同行 樺太で消える 奇怪・遭難か情死か」(東京朝日)、「風吹の樺太国境に 岡田嘉子さん失踪 新協の演出家杉本良吉君と 愛の雪見か心中行?」(読売)……。1938年1月5日付朝刊各紙は一斉にこう報じた。前年の1937年12月、日中全面戦争で日本軍が中国国民党政府の首都南京を陥落させ、お祭り騒ぎで正月を迎えた。そんな中でのニュースに多くの国民は驚いただろう。

1938年1月5日東京朝日新聞紙面

 前年の1937年12月、日中全面戦争で日本軍が中国国民党政府の首都南京を陥落させ、お祭り騒ぎで正月を迎えた。そんな中でのニュースに多くの国民は驚いただろう。