昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「本木雅弘と内田裕也は何が違うのか」内田也哉子×中野信子対談 #3

『週刊文春WOMAN』創刊1周年を記念して、1月14日に開かれた「週刊文春WOMAN meets 樹木希林展 内田也哉子×中野信子トークイベント  What is a family!?」は、最後のQ&Aコーナーに。

フロアの『週刊文春WOMAN』読者から「内田裕也さんと本木雅弘さんの差異ってなんですか?」と質問された内田也哉子さん。実は、本木雅弘さんに同じ質問をしたことがあった。本木さんの見事な分析とは──。

 ◆ ◆ ◆ 

少年時代の内田裕也はロールシャッハ・テストを受けていた

内田 話は飛んじゃいますけど、父自身は小さいとき、欲しいものが手に入らないと床に寝っ転がってワーッと泣き叫んだり、思春期はケンカして手に負えなかったりしたんですって。四人兄弟の末っ子で、祖母が40歳のときに生まれた子どもでしたから、溺愛されて育ったんですね。でもあまりにも手に負えないものだから、ある日、脳病院に連れていかれたんですって。「俺はロールシャッハの絵を見せられて、『何に見えるか』って聞かれたんだぞ。この気持ちがわかるか!」って、父は酔っぱらうとよく話していたんです。

中野 そうなんですか。ロールシャッハ、今ではあまりやらないテストです。

内田 そうですよね。だけど、祖母としては、裕也が手に負えないから、何とかして診断名が欲しかったんだと思うんですよね。

中野 なるほどな~。

内田 やっぱり人間ってわからないものがほとんどなんだけれども、でも、どこかでずっとわからない不安を抱えているという恐怖もあって。

中野 そうですよね。裕也さん、もしかしたら確かに、今なら診断名がつくかもしれません。

内田 そういうふうに診断がついて、ホッとするところがありますよね。人間ってそういう部分もありますよね。

 

中野 腑に落ちると楽になるということですよね。

内田 そうそう。あ、何か忍び寄ってきた気配……。

愛人、不倫に親和的!?な内田裕也

(そろそろと司会者が登壇)

司会 とてもいいお話のところ、すみません。そろそろ質疑応答に移らせていただくお時間です。『週刊文春WOMAN』の読者で今日こちらにお越しの方々から、お二人に質問をお寄せいただいていまして、お時間の許す限り答えていただければと思いまして。

 まず、ペンネーム「みそきち」さんからです。みそきちさん、いらっしゃいますか? ペンネームなので手は挙げられないですかね。非常に攻めている感じの、さすが『週刊文春WOMAN』読者ならではの質問が来ています。

「家族にとっての愛人、不倫ってどんなものでしょう。内田さんに質問。愛人、不倫に親和的な裕也さんと、それとは遠そうな本木さんの間の差異は何ですか? 中野先生に質問。愛人にしかなれない人と妻や母(夫や父)にもなれる人の境界って何ですか?」