昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

韓国人にとって「反日」とは「道徳」なのである

韓国はいつまで反省を強いてくるのか(2)

2014/06/03

韓国人の主張の虚偽性を満天下に知らしめる

 以上、韓国における反日感情は「侵略に対する怨念」「文化優越意識」が入り混じった複雑な感情であり、「国民」や「民族」が等しく共有すべき崇高な概念(「民族正気」)とされていることを述べた。また、反日感情の表出の様相は決して崇高なものばかりではなく、反日感情を利用した便乗商法、人種差別、詐欺行為まで行われている点も指摘した。ただ、従来はこうした反日感情の表出が韓国国内だけに限られていたから、まだよかった。最近になって、韓国国外でも反日感情の表出が積極的に行われている。代表的なものが世界各地における慰安婦銅像の設置運動、日本海と「東海」の名称併記運動、中国と韓国の反日連帯(抗日運動記念施設の建設、安重根銅像の設置)などである。いわば「反日」の海外進出であり、「従軍慰安婦」や「抗日義士」を素材とした新たな「韓流」である。一見、何らの生産性もないように見えるこの種の運動であるが、日本を貶めることで自国の存在感や付加価値を高め、「反日」という共通の関心事を「中韓友好」の材料とし、あわせて在外韓国人の結束と民族意識の共有を図れるなど、様々なメリットがある。もちろん韓国人もこうした利点にはとっくに気づいており、この種の運動は今後ますます活性化していくことが予想される。

 では、日本人は、こうした厄介な反日感情にどう対処すべきなのだろうか。従来のようにひたすら「謝罪」のみを繰り返しても、どうにもならないということは誰の目にも明らかだろう。実は、これまで日本の指導者が韓国に対して繰り返して来た「謝罪」も韓国人は「謝罪」と見なしていない。「あんなものは謝罪ではない」「心から謝っていない」などと自分の都合のいいように解釈し、反日のネタとして活用してきたのである。また、たとえ彼らが日本の謝罪を認めたところで、反日運動をやめるかと言えば、絶対にそんなことはありえない。今、日本人の為すべきことは、こうした厳しい現実を直視し、実現不可能な「日韓友好」などは速やかにあきらめることである。そして、韓国人が国内外にまき散らしている反日言説に対して徹底して反駁し、それを韓国・中国のみならず世界に向けて発信することである。韓国人の主張の虚構性が明らかになり、それが満天下に明らかになった時にのみ、彼らは反日言動を慎むだろう。それ以外の可能性はありえない。

 国家の安全保障が対価なしでは達成できないように、国家の風格や歴史も努力なしに守り抜くことはできないのである。


 ただし、日本政府が韓国で行われている稚拙で荒唐無稽な反日感情の表出にいちいち付き合うことはできない、という指摘もあろう。確かに日本政府が広く韓国社会で行われている反日行為、マスコミをあげて日々行われている反日報道、陰湿で陰険きわまりないネット上の反日書き込みなどを検証し、逐一反駁することはできないだろう。それならば、民間の活力を活用すべきである。韓国の理不尽な主張に反駁できる人材を育成する民間プロジェクトを助成したり、そうした研究を行っている団体や研究者に補助金を出すなどしてサポートすべきなのである。政府主導でそうした助成や補助を行うのが難しいなら、これまで大した役割をしてこなかった「特殊法人」などを通してやればいいのである。例えば、「日韓文化交流基金」は外務省OBがトップに天下りし、毎年のように日韓の青少年交流事業などを行っているが、そうした事業は韓国の反日感情の改善には何らの効果ももたらしていない。意味のない交流事業よりも、韓国の反日言説や日本侮蔑に対してきちんと声を上げることができる日本の青少年を育成することが急務であろう。日本の外務省や文化庁も日韓交流行事の後援にはご熱心であるが、そうした行事によって韓国の反日感情に何らかの変化が起こっただろうか。平和で呑気な交流行事では反日感情に影響を与えることはできない。根拠のない反日言説に徹底して反駁することによってのみ、反日感情に変化をもたらすことができるのである。

【趙世暎さんによる「韓国はいつまで反省を強いてくるのか(1)」はこちら

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋SPECIALをフォロー