昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

槇原敬之逮捕 覚せい剤の世界へ引き込んだ“追っかけ恋人”との深い関係

 2月13日、歌手の槇原敬之容疑者(50)が覚せい剤取締法違反の容疑で警視庁に逮捕された。自宅マンションで覚せい剤およそ0.083グラムを所持していた疑い。槇原容疑者は1999年8月にも覚せい剤取締法違反で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けている。

 1999年8月の逮捕時、当時の恋人が槇原容疑者を覚せい剤の使用へ「引き込んだ」と証言していた。当時の記事(1999年9月16日号)を再編集のうえ、公開する。

※記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

◆◆◆

「がっちり、むっちり、ぽっちゃり系が、マッキー(模原の愛称)の好みなのよ」

 8月26日、覚醒剤所持で現行犯逮捕された、シンガーソングライターの槇原敬之 (30)。彼の“趣味”は、同好の士の間では公然の秘密だった。

槇原敬之氏。2002年より ©共同通信社

 槇原の住む港区南青山のマンションで、一緒に逮捕されたのが、“友人”と称する無職・奥村秀一(23)。押収された、約1グラムの覚酸剤について、槇原は「自分が、奥村に買いに行かせたもの」と認めている。部屋には、奥村の着替えや日用品もあり、2人は、親しい間柄だった。

「伝言ダイヤル」にはクスリの取引用のウラ番号が

 奥村は、まさに槇原好みのタイプ。2人はどこでめぐり会ったのか?

 事件を取材する社会部記者は解説する。

「昨年3月に、覚醒剤所持で逮捕された大蔵省元課長補佐が“シャブ仲間”と知り合ったのは、ゲイ専門の伝言ダイヤルでした。槇原クラスの有名人になると、人目をはばかって、新宿二丁目に出入りするわけにもいかず、伝言ダイヤルを使って相手を探していたようです。“太め”“体育会系”などと好みによって登録番号が分かれ、中にはクスリの取引に使われるウラ番号もあったようです」

 伝言ダイヤルで槇原と知り合い、一度だけデートをしたことがあるという、20代男性の証言。

「マッキーは、愛車のチェロキーで、待ち合わせ場所にやって来た。いきなり有名人が現れたので、ビックリしたけど、気を遣って何も言わなかったから、安心して車に乗せてくれたみたい。横浜までドライブに連れていってくれました。カーステレオで自分の曲をかけ、さりげなく口ずさんだりするんです。プラトニックなデートで、エッチはなかったけど、きっと優しいおネエ役なんじゃないかな」

槇原敬之容疑者 ©AFLO

『どんなときも。』『もう恋なんてしない』などの大ヒットを持つ槇原の曲は、歯切れのいいメロディーに、切ない恋心を包み込んだのが多い。

 もっとも歌詞は、君と僕の二人称で構成されており、同性間の恋にも、十分置き換えが可能。「しんみり来る」と、ゲイの間にも熱烈なファンが多い。奥村もまた、槇原に耳元で歌を囁かれたのだろうか。