昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

JR山手線の“終着駅”はどこ? 「一番地味だったあの駅」はいかに“3倍”成長したか

2020/02/17

 今年は山手線が注目を集める年になりそうだ。何しろ、山手線にとってはおよそ半世紀ぶりの新駅、高輪ゲートウェイ駅が誕生するのだ。開業予定は3月14日。きっとあちこちで話題になることだろう。

山手線の高輪ゲートウェイ駅は3月14日に開業予定 ©iStock.com

では、山手線の終着駅はどこ?

 で、ここで問題である。山手線の終着駅、終点はいったいどこなのか。ぐるぐると回り続けているから終点なんてありゃしない。そういう意見もごもっとも。いささかヘリクツの嫌いもあるが、山手線は正式には品川~新宿~田端間だけを指すから(田端~品川間は東北本線・東海道本線への乗り入れという形だ)、終点は田端だという意見もありそうだ。

 また、山手線の各駅につけられている駅ナンバリングを見ると、東京駅を「JY01」として上野方面に向かって数字を増やしていく。その視点でいうなら、終点は数字が最も大きくなる有楽町駅ということになる。

 とまあ、このようにいくつかの意見がありそうな山手線の終着駅。ただ、車両という観点で見ると答えはひとつだ。