昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/03/03

genre : 読書, 歴史, 教育

すさまじい幾つかの津波を体験してきた人の言葉

 早野氏は、言った。

「津波は、時世が変ってもなくならない、必ず今後も襲ってくる。しかし、今の人たちは色々な方法で十分警戒しているから、死ぬ人はめったにないと思う」

 この言葉は、すさまじい幾つかの津波を体験してきた人のものだけに重みがある。

 私は、津波の歴史を知ったことによって一層三陸海岸に対する愛着を深めている。屹立した断崖、連なる岩、点在する人家の集落、それらは、度重なる津波の激浪に堪えて毅然とした姿で海と対している。そしてさらに、私はその海岸で津波と戦いながら生きてきた人々を見るのだ。

 私は、今年も三陸沿岸を歩いてみたいと思っている。

2019年07月 田老防潮堤 ©時事通信社

「吉村氏は徹頭徹尾『記録する』ことに徹している。(中略)圧倒的な事実の積み重ねの背後から、それこそ津波のように立ち上がってくるのは、読む側にさまざまなことを考えさせ、想像させる喚起力である」(解説・高山文彦)

 

三陸海岸大津波 (文春文庫)

吉村 昭

文藝春秋

2004年3月12日 発売

 

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー