昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

アメリカで大統領選挙取材中 池上さんの「トランプ大統領の対抗馬」予想は?

池上さんに聞いてみた。

2020/03/02

Q トランプ大統領の対抗馬は?

 今年のアメリカ大統領選挙に向けて、民主党の予備選挙が始まりました。候補者が多い中でトランプ大統領の対抗馬は誰だと思いますか。(30代・男性・会社員)

A 私も競馬風に予想すれば……

 選挙では、「出馬」など競馬の用語がなぜか使われますので、私も競馬風に予想すれば、本命バーニー・サンダース、対抗ピート・ブティジェッジ、大穴エイミー・クロブシャーと見立てています。

バーニー・サンダース氏 ©AP/AFLO

 私はいまアメリカで大統領選挙の取材中です。バーニー・サンダースの政治集会を見ていると、若者たちの熱狂ぶりは凄いものです。多数の若者のボランティアを抱えていることがバーニーの強みです。

 その点で言えば、ピート・ブティジェッジの支持者の熱狂ぶりも大変なものです。

ピート・ブティジェッジ氏 ©ロイター/AFLO

 バーニーは高齢であること、ピートはゲイであることをカミングアウトしたことを有権者がどう評価するか、これから見えてきます。

 大穴のエイミーは、同じく女性のエリザベス・ウォーレンより包容力がある印象を与え、政策も穏健中道派であることが強みです。女性大統領の誕生を希求する女性たちの支持を受けて、今後急浮上する可能性があります。

エイミー・クロブシャー氏 ©AP/AFLO

 とはいえ、現時点での予想は困難を極めます。だからアメリカ大統領選挙は面白いのです。今後も起きるであろうハプニングに注目しましょう。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー