昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“新型コロナ休校”で混乱でも……安倍首相の休校要請に57%が賛成する理由とは? アンケート結果発表

 全国の小学校、中学校、高校や特別支援学校などの臨時休校が3月2日、全国各地で始まった。安倍晋三首相が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、4日前の2月27日の夕方に呼びかけたものだ。

 安倍首相は「この1、2週間が感染拡大防止の『正念場』」と説明し、北海道や千葉県市川市などで休校措置が取られていたことに触れ、「判断に時間をかけるいとまがない中、私の責任において判断させていただいた」と自らの政治決断だったと強調する。

 春休みは地域や学校によっても異なるが、4月5日頃まで続くため、1カ月余りの休校となる。

 突然の要請に対しては「共働きの家庭はどう対応すればよいのか」「学童保育のスタッフ確保は?」「長期間自宅にこもる生活に子供が耐えられるのか」など混乱する現場の声が聞こえてくる。また例年3月に行われる卒業式についても臨時休校に伴い、規模縮小や中止の学校が相次いでいる。

 そこで『文春オンライン』では、緊急アンケートとして「安倍首相が全国の小中高に『休校呼び掛け』賛成?反対?」を実施。合わせて「新型コロナ感染防止のための『卒業式中止』に賛成?反対?」も聞いた。4日間で、692票、10代~80代から回答が得られた。その結果を見ていきたい。

記者会見で全国の小中高校、特別支援学校に対する臨時休校の要請などについて説明。国民に対し協力を呼びかけて頭を下げる安倍晋三首相(2月29日) ©時事通信社

◆◆◆

「休校要請」に賛成?反対?

 両方の意見が拮抗するなかで「休校要請に賛成」(391票、56.5%)が「反対」(301票、43.5%)を上回った。各地での混乱が報道されるなか、感染拡大防止のためには休校もやむを得ないという人が多いようだ。

 では多数派となった「休校要請に賛成」の具体的な意見を見ていく。