昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/04/18

 この事実は、私たちに深刻な疑念を突き付けます。

 果たして本当に、子育てにおいて、父と母の存在は必要なのでしょうか。もしそれが、暴力的で愛情のない父母だったらどうするのでしょうか。その場合、父母の存在はむしろ有害無益ではないでしょうか。

 実の父と母が誰かわからなくても、平然と存続している社会もあるのです。日本でも昔から「生みの親より育ての親」「親はなくとも子は育つ」と言いますが、このことわざは残念ながら真実なのではないでしょうか。

「父」「母」はタブーなわいせつ語

 さて、このように書いていくと、モソ族の社会が性にとてつもなく奔放なパラダイスに思えてきて、思わず昆明行きの航空券を予約しはじめる人もいるかもしれませんが、もう一つ重大な事実があります。モソ族の社会は、実はとても性的タブーの厳しいところでもあるのです。

 たとえば、人前で「父」「母」「走婚」といった言葉を口にするのは、タブーです。これらは、一種の猥褻な言葉だとされているのです。「父」や「母」が卑猥な言葉だというと驚くかもしれませんが、言うまでもなく、普通はセックスをしないと父や母にはなれません。つまり、これらの言葉もやはり性的な言葉だと考えられているのです。よく考えると、私たちが父とか母とか、妊娠とか、子づくりとか、まったく照れずに口にできるほうがおかしいのかもしれません。

※写真はイメージです ©iStock.com

 また、恋人同士が人前で一緒に歩いたり、手をつないだりすることもタブーです。誰と誰が恋人同士なのかは、子供ができるまでは慎重に秘匿されているのです。モソ族の情熱が燃え上がるのは夜だけで、昼間はあくまで素知らぬ顔をしてすごさねばなりません。

 もっとも、近年のモソ族の地域では、女性の出稼ぎが増加し、村の女性が少なくなり、セセは少しずつ消滅しつつあります。また、テレビや携帯電話などの侵入により、彼らの価値観は激しく揺さぶられています。

世界の性習俗 (角川新書)

杉岡 幸徳

KADOKAWA

2020年4月10日 発売

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー