昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「家事をやりません!」パートナーとの関係修復のために、あえて“突き放す”作戦に出ると……

『すべての夫婦には問題があり、すべての問題には解決策がある』より #2

2020/05/07

誰でもすぐに真似できるパートナーへの気遣い

マユ「私が嬉しいと感じるのは、疲れて帰ると私の布団が整えられていること。それは、夫が家事に協力する前からやってくれていましたね」

 ベッドメイキング。これは誰でもすぐに真似できそうな嬉しいポイントじゃないでしょうか。しかし、こういう習慣ってふたりがケンカしたときにはどうなるんだろう。

ヨウイチ「ケンカしたときも逆に続けますね。やらないのが悔しいので」

©iStock.com

マユ「私もケンカしたときは自分の洗濯物だけ洗おうかと一瞬思うものの、『みみっちいな』と思って夫のぶんも一緒にやるようにしています」

 ケンカして感情的になった状態から少し落ち着いてきたとき、相手の優しさが普段以上に心に染みるもの。相手への感謝が生まれると、話し合いの土壌ができますよね。そこまでいくと「ケンカ」から「話し合い」に移行できて、よりよい関係になれる気がする。

 さてさて最後に、ヨウイチさんが出張で1~2か月帰ってこないこともあるそうですが、別々に暮らしている期間のルールってありますか?

マユ「おはようとおやすみだけは連絡しろ、と決めています。それを守り出したのも最近ですけど。生存報告、だけはちゃんとしろと(笑)」

ヨウイチ「物理的に相手と離れることで、お互いが優しくなれている面もあると思います。『来月も東京にいる』って妻に言うとガッカリされますからね(笑)。でも、旅行がてら出張先に妻が来ることもあったりして。それはそれで楽しいですね」

 今回のおふたりは、いうなれば関係性がどんどん良くなってきた夫婦。そう、関係は致命的なものでなければよくもできる! パートナーとの関係にちょっと不安を感じるかたは、とりあえずベッドメイキングから始めてみてはいかがでしょうか。

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー