昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/05/15

注文方法も最先端のお店で出てくる〈じゃない方〉とは?

 お寿司屋さんで注文するのって意外と緊張しますよね。

「ちゃんと聞こえてたかな?」とか「マグロ食べたかったけど、隣の人に先言われちゃって言いづらいな……」とかとか。

 そんな小心者も安心なのが最近のタッチパネル方式ですが、こちらのお店ではなんとさらに進んで、自分のスマホのアプリからも注文ができるとのこと!

さっそくアプリをダウンロード。
自分のテーブルのQRコードを読み込めば準備開始!(ってどんだけハイテクなんだ)

 ということで、アプリ上でメニューを見てみると、そこは〈じゃない方〉のオンパレード!

普通の寿司ネタからページをめくって行くと……
ここら辺、〈じゃない方〉のオンパレード!!

 らーめん、えび天うどん、ゼリーサイダー、ガトーショコラ!

 もはや、何の〈じゃない方〉なのか分からないほどの充実ぶり。

 その中でも「胡麻香る坦々糖質オフ麺」という、かなりの〈じゃない方〉を注文してみましょう。

スマホで注文。

 これスマホで注文できるからいいですけどね、普通のお店だったら

「トロちょうだい!」
「こっちハマチとイクラね!」
「えっと、こっちは胡麻香る坦々糖質オフ麺ください……」

 と、注文もかなりハードルが高そうです。

ついに〈じゃない方〉登場!

すすーー!っと現れました。

 驚いたのは2階建てのレーンのうち、上のレーンはいわゆるレーンらしさ(?)すらないこと。ラーメンが滑るように登場してきました。

 ウエスタン映画のバーカウンターで、バーの端っこから酒のグラスがすーっと投げられてくる感じ(もちろん自動で止まります)。

こちらが胡麻香る坦々糖質オフ麺。
お箸はこんなところに隠れてる(もう、ほんとに何から何まで〈じゃない〉んだから!)
いざ食べてみます。
美味しい!

 これがまためちゃくちゃ美味しい!

 濃厚ながらもあっさりするすると入るスープは、なんとお寿司屋さんの利点を活かして、店内で魚のあらから出汁をとってるんだとか。

 さらに普通の麺〈じゃない方〉の糖質オフ麺も、ツルツルの食感が心地良くて、いくらでも食べれそう。

 実は回転寿司は行きたいけど、あまり炭水化物とりたくないなーって時のある僕も、これなら1~2皿お寿司頼んで、締めは糖質オフ麺なんて選択もできそうでありがたい。

z