昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

天皇陛下 ご即位から1年…雅子さまと切り開かれる皇室の未来

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

天皇陛下 ご即位から1年…雅子さまと切り開かれる皇室の未来

 

天皇陛下は5月1日、ご即位から1年を迎えられました。

この日、天皇陛下は宮中祭祀のため皇居へと入られました。いつもは車内の隣にお付きの人がいるのですが、今回は後部座席からお一人、マスク姿で沿道の人たちに応えられていました。

皇居に入られる天皇陛下(5月1日午前8時半ごろ)

ご即位から1年。この間に見えたお姿を通し、今後の課題などを考えてみたいと思います。

雅子さまと共に歩まれた1年

2019年5月1日。まず天皇陛下が臨まれたのは、「剣璽等承継の儀」と「即位後朝見の儀」でした。

即位後朝見の儀で、「日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより、ここに皇位を継承しました。この身に負った重責を思うと粛然たる思いがします」とご即位を表明されました。

即位後朝見の儀(2019年5月)

ここから、ご即位に関する一連の儀式は始まりました。

5月4日には「ご即位一般参賀」も行われ、8日、両陛下は宮中三殿で即位礼正殿の儀や大嘗祭の期日を天照大神などに報告する儀式に臨まれています。

その後もトランプ大統領夫妻を国賓に迎えての行事があり、6月には「全国植樹祭」のため愛知県へ。

即位後初めての国賓はトランプ米大統領夫妻(2019年5月)

9月には、秋田県での「全国豊かな海づくり大会」、新潟県での「国民文化祭および全国障害者芸術・文化祭」、そして茨城県での「国民体育大会」と、泊まりがけでの地方公務をこなされています。

10月22日には各国から王族や要人たちをお招きし、「即位礼正殿の儀」。

即位礼正殿の儀(2019年10月)

「祝賀御列の儀」、いわゆる即位のお祝いのパレードは天候の関係で11月10日に行われ、両陛下は11月14日から15日にかけて「大嘗祭大嘗宮の儀」に臨まれています。

祝賀御列の儀(2019月11月)

ご即位関連の儀式は、12月4日に行われた「御神楽の儀」をもって終了しました。

「天皇陛下をお支えする」雅子さまのご覚悟

こうしたご即位関連の儀式の間にも、お出ましになるご公務は詰まっていました。両陛下は、これらの儀式、行事をすべて滞りなくすまされました。当たり前のように聞こえますが、私は、皇后雅子さまが全ての行事に出席されたことは素晴らしいことだったと思えて仕方ありません。