昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

池上さんが振り返る、WHO総会への台湾不参加「政治的主張を持ち込むと…」

池上さんに聞いてみた。

2020/06/02

Q オブザーバー参加できない理由は?

 世界保健機関(WHO)の年次総会に、非加盟の台湾が求めたオブザーバー参加が見送られました。台湾が感染者数を抑えていることが共有できないなど、デメリットもあると思います。参加支持を表明する国があっても、実現しない理由をあらためて知りたいです。(20代・女性・会社員)

A 中国政府の政治的主張によるものです。

「中国はひとつ」という中国政府の主張によるものです。WHOも国連機関です。国連での中国の代表は「中華人民共和国」であって、「台湾」(中華民国)ではありません。

 中国にしてみれば、「台湾は独立国ではなく、中国の一地方」です。中国の代表は中華人民共和国ですから、台湾は出席の資格がないということになります。WHOからの連絡は、中華人民共和国が受け取り、国の中の一地方である台湾にも知らせる、という態度を取っているのです。

蔡英文総統 ©︎ロイター/AFLO

 国際的に感染防止のために協力しなければならないときに、政治的主張を持ち込むと、国際的な規模での対策はスムーズに進まなくなるのです。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー