昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

池上さんが考える「コロナ収束後のニューノーマル」とは?

池上さんに聞いてみた。

2020/06/03

Q 在宅ワーク、コロナ収束後も続く?

 新型コロナの影響で、在宅ワークが広がっています。狭い家の中に家族が1日中一緒にいることでストレスを抱える人も多いのではないでしょうか。池上さんは、コロナ収束後もこうした働き方が続くと思いますか?(50代・女性・パート)

A 在宅ワークも「ニューノーマル」へ。

 今回の新型コロナウイルスの感染拡大は、数年後あるいは十数年後に日本に到来するであろう諸課題を一気に押し付けてきたように見えます。

 在宅ワークの推進は以前から政府が旗を振っていましたが、いまになって実現したのです。書類にハンコを押すのはやめにしようという声も以前からあったのですが、今回一気に進みました。

©︎iStock.com

 また、在宅ワークに切り替えたことで満員電車に乗って出勤しなくてもいいという利点を知った人も多いのですから、在宅ワークは続きます。ストレスを感じる人もいるでしょうが、これがコロナ収束後の「ニューノーマル」(新常態)だと覚悟を決めましょう。 

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー