昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

球が速すぎて野球を辞めた…?八村塁がバスケに出会ったきっかけ

source : 提携メディア

genre : エンタメ, スポーツ, 歴史, 教育, メディア

球が速すぎて野球を辞めた…?八村塁がバスケに出会ったきっかけ

 

世界で活躍する若きアスリートたち。

5月31日放送の『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)では、バスケ・八村塁選手とテニス・大坂なおみ選手の同学年コンビに注目。2人が幼少期に起こした伝説や2人をよく知るゲストが魅力を語った。

 

同学年アスリートのスゴイ偉業

2019年6月、日本人で初めてとなるドラフト1巡目指名、全体9位指名でNBA入りを果たした八村選手。

NBAのチーム数は30あり、約450人の選手が所属。その中で毎年ドラフト指名されるのは約60人。八村選手は9番目に指名を受けるという快挙を成し遂げた。

そしてシーズンが開幕すると初戦でいきなり先発出場。プレッシャーを物ともせず、14得点、10リバウンドで日本人選手史上初のダブルダブル(2つの2桁記録)を達成した。

八村選手の魅力を語るのは、女子バスケットボール元日本代表で解説者の中川聴乃さん、芸能界でNBAをこよなく愛する麒麟・田村裕さん、ココリコ・田中直樹さんの3人。

 

田村さんは、ドラフト1巡目の指名についてメジャーリーグと比較し、「メジャーリーグは30チームあり、約1200人にドラフトがかかって、日本人で1巡目の指名はあれだけ通用している野球でもいない。バスケは約60人しか入れないのに、1巡目で(八村選手が)選ばれたのはとんでもないこと。バスケファンからすると、一生見られないものを見せてくれた」と彼のスゴさを明かした。

2018年9月、全米オープンで弱冠20歳の大坂選手が優勝する。

決勝の相手は、オリンピックで4度の金メダルを獲得し、過去のグランドスラムのシングルスで23度の優勝を果した、セリーナ・ウィリアムズ選手。そんな絶対女王を、大坂選手の代名詞である超高速サーブや彼女の武器の一つ「粘り強さ」圧倒した。

全米オープンでグランドスラム初優勝を果たした大坂選手は、2019年1月の全豪オープンでも優勝し、グランドスラム2大会連続優勝を飾った。この連覇によって、女子シングルスの世界ランキング1位となり、男女合わせてアジア選手初の快挙を成し遂げた。