昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

コロナでも倒産ゼロ!? 埼玉・西川口50軒の中華料理店が不況に強い“3つの理由”

2020/06/08

 新型コロナウイルス流行によって最も打撃を受けた業種のひとつが飲食業だ。5月25日に緊急事態宣言が全面解除されはしたものの、食事中のお喋りを控え、可能ならば持ち帰りや屋外での飲食を──と、「新しい生活様式」で提唱されている外食スタイルは、多くの飲食店にとっては売り上げの減少をもたらす。

 そこで、私が真っ先に心配になったのが埼玉県西川口付近の中華料理店街だった。すでに広く知られつつあるが、かつて違法性風俗店街で有名だった西川口は、それらが壊滅した2010年代に入ってから中国人向けの中華料理店が多数オープン。中国国内と変わらない本格的な中国各地の料理を楽しめる街として、食通の注目を集めてきた。

2018年11月、西川口の「火焔山」で食べた新疆料理。この街では中国各地の味が楽しめるのだ

 だが、コロナ禍による自粛の波は当然、西川口にも襲いかかる。それどころか、新型コロナウイルスがもともと中国で発生したこともあって、中国国内のコロナ禍が一段落した今年3月以降も、中華料理店に足を運ぶ客は、おそらく他の飲食店以上に減っていると思われる。ゆえに、さぞかし大変だろうと思って取材に行ってみたのだが──。

 コロナ流行のなかでも意外とたくましかった、在日中国人の世界をごらんいただきたい。