昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : CREA WEB

genre : エンタメ, グルメ, ライフスタイル,

◆赤い風船

「ミモザフルール」

ミモザフルール 1,400円(16枚)。

チーズの風味が広がる 幸せの黄色いクッキー

 ミモザフルールとは“ミモザの花”という意味で、黄色味がかったクッキーにミモザの花を重ねて考案。

 少女が描かれたパッケージも花のイメージにぴったりな可憐な雰囲気を醸し出す。

 カマンベールとマスカルポーネを使用したクッキーはチーズの風味が鼻に抜ける豊かさで、中にはこれまた存在感のあるミルキーなクリームチーズチョコが入っている。

 一度食べたらクセになる味わいは、意外とお酒との相性もいい。

赤い風船
販売場所 BLUE SKY(国内線2F ゲート内)
https://www.akaifusen.com/

◆チロリアンショップ 福岡空港店

「太宰府うめチロリアン」

太宰府うめチロリアン 1,000円(18本入り)。

新しい梅フレーバーなど 限定品も多い話題のショップへ

 サクッと歯触りの良いロールクッキーにクリームを詰めた博多っ子に愛されるお菓子チロリアン。

 手掛けているのは創業1630年の名店「千鳥屋 千鳥饅頭総本舗」で、2019年初となるチロリアンに特化した専門店を空港内にオープンした。

 店頭では、バニラ、コーヒー、ストロベリー、チョコレートの定番4種類に加え、空港限定で太宰府うめチロリアンも販売。青梅の蜜漬けをイメージしたほんのり甘酸っぱい味わいのクリームが詰まっている。

 福岡の観光名所、太宰府天満宮にちなんだ菅原道真公と木ウソをデザインしたパッケージも印象的で、旅の思い出話しも添えて贈ってはいかが?

チロリアンショップ 福岡空港店
販売場所 国内線2F 中央ロビーエリア
https://www.chidoriya.co.jp/tenpo/airport.html