昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : CREA WEB

genre : エンタメ, グルメ, ライフスタイル,

◆南風農菓舎カラー芋ファクトリー

「カラー芋ボンボン 王者のキャラメル」

カラー芋ボンボン 王者のキャラメル 741円(5個入り)。

アイスクリームのように なめらかな新感覚芋スイーツ

 九州南部の大隅半島で採れる素材を生かしたスイーツが目白押しの「南風農菓舎カラー芋ファクトリー」。

 国内線ターミナル2階の「SWEETS HALL」に店舗ができた際に考案されたのが、このカラー芋ボンボン。

 160以上の品種がある色とりどりのカラー芋を主役に、口どけのいい純生スイートポテトに仕上げ、そのまわりをキャラメルやショコラ、オレンジのソースでコーティングした後、瞬間冷凍している。


 今回紹介の王者のキャラメルは、カラー芋界の王者といわれる「黄金千貫」にキャラメルを合わせた一番人気の商品。

 常温で5分ほど解凍すれば、最高の口どけに。

南風農菓舎カラー芋ファクトリー
販売場所 SWEETS HALL
http://www.minami-kaze.com/mcd.html

◆風月堂

「あまおうチーズ饅頭」

あまおうチーズ饅頭 1,400円(6個入り)。

宮崎の銘菓と福岡の特産が 美味なるコラボレーション

 クッキー生地に芳醇なチーズが入った宮崎が誇る名物チーズ饅頭。

 県内には何軒ものチーズ饅頭のお店があり、中でも風月堂は評判の老舗だ。

 この商品は風月堂が誇るしっとりとしたチーズ饅頭に、福岡の名産品“あまくて、まるい、おおきい、うまい”あまおう苺を組み合わせてあり、イチゴの甘酸っぱさが加味されスイーツ感がアップ。発売後すぐに大ヒットとなった。

 福岡空港でしか販売されておらず、訪れた際に買わない手はない。