昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : CREA WEB

genre : エンタメ, グルメ, ライフスタイル,

◆福田屋熊本和栗庵

「栗千里」

栗千里 1,620円(12個入り、税込み)。

ほっくり和栗の素材感溢れる 素朴で心和む味わい

 熊本県産の和栗のみを使った、和菓子のような洋菓子のような焼きモンブラン。

 栗のペーストにアーモンドや生クリームを合わせていて、過度な甘さが無く口当たりまろやかで、素朴だけど豊かな和栗の味が引き出されている。

 日本茶、紅茶、コーヒーなど飲み物との相性はオールマイティー。

 スプーンがついており、職場などで配った際に食べやすいのもポイント。

 第9回ニッポン全国ご当地おやつランキングで、全国第1位グランプリを受賞している。

福田屋熊本和栗庵
販売場所 SWEETS HALL
https://www.okashi-fukudaya.com/shop/products/detail.php?product_id=29

◆博多土産by菊ひら

「ひよ子ハル・あまおうラングドシャ」

ひよ子ハル・あまおうラングドシャ 1,000円(10枚入り)。

空港でしか出合えない イチゴが香るかわいいひよ子

 愛らしいひよ子の形をしたラングドシャはサクサクで繊細な歯ざわり。

 挟んでいるのは、あまおう苺を使ったチョコレートで、サクッと噛むとイチゴの甘い爽やかな香りが漂う。

 キュートなピンク色のパッケージは女性ウケがよく、6枚入り、10枚入り、15枚入りの3タイプを揃える。

 名菓ひよ子で有名な「ひよ子本舗吉野堂」が、空港内の土産店のなかで「博多土産by菊ひら」のみで販売している商品なのでチェックをお忘れなく。

博多土産by菊ひら
販売場所 国内線2F 南側ロビーエリア
http://www.hiyoko.co.jp/items/lightbox/hiyoko_languedechat.html