昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「当事者は“良し”としていないのに『性奴隷』と……」慰安婦支援30年の日本人が見た挺対協の仕打ち

「挺対協」“嫌韓”を作った組織の30年 #4

2020/06/15

 挺対協(現・「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」)の不実について告発した元慰安婦李容洙(イ・ヨンス)氏の記者会見によって韓国社会は大揺れに揺れている。

 はたして挺対協とはいかなる組織なのか。彼女らの実態をよく知る日本人がいる。

 その女性の名前は臼杵敬子氏という。ライターとして女性問題に関心を深く持っていた臼杵氏は、半生を韓国太平洋戦争犠牲者遺族会を支援するための活動に費やした。90年代から議論が始まった日韓歴史問題を、最も間近で見つめてきた日本人の一人であるともいえよう。

 本連載では臼杵氏から見た、なぜ慰安婦問題が歪んでしまったのか、その真実について回想してもらう。そして挺対協とはどのような組織だったのかを、当事者として批評してもらおうと考えている。(連載4回目/#1から続む)

疑惑の渦中にある尹美香(ユン・ミヒャン)前正義連代表  ©AFLO

挺対協の「性奴隷」という表現が招いたこと

 1994年、自社さきがけ政権のもと1995年に戦後50年を迎えるにあたって『戦後50年問題プロジェクト』が発足しました。様々な問題を解決しようという取組がなされるなかの一つに、慰安婦問題が入ることになったのです。

 私は東京裁判を支援しながら、政治の動きにも注目をしていました。戦後50年問題プロジェクトのもと設置された「従軍慰安婦問題等小委員会」で証言をしたこともありました。

 日本政府としてのスタンスは、日韓基本条約で解決した問題であり、人道的には認めるが法律的には認められないというものでした。ある自民党幹部は「慰安婦に対しては1円たりとも払わない」という密約書まで書いていました。私はこの密約を聞き解決の困難さを痛感しました。

 挺対協が喧伝していた「慰安婦は性奴隷だった」という表現も日本側を頑にした一因だったと思います。この表現は元慰安婦に本当に失礼であり、人権に対して鈍感なものだと私も思っています。

 元慰安婦たちは苦しい環境の中でも精一杯の抵抗をしていたし、自我を持って生活していました。例えば元慰安婦の金田きみ子さんは日本兵と恋人関係になりました。休日には2人でデートし、写真館で貸衣装を着て記念撮影(写真参照)をしたと聞きました。私の知る限りでは、ハルモニで「性奴隷」という表現を“良し”とする人はいませんでした。

慰安婦時代、日本兵と交際していた金田きみ子さん。写真館で貸衣装を着て撮影した写真 ©︎勝山泰佑

挺対協の女性幹部の呆れた主張

 このころから挺対協は慰安婦問題に大きな影響力を持つようになっていました。私は一度、挺対協の金シンシルという慰安婦担当の女性幹部と問題の解決について話し合ったことがあります。

 場所は金浦空港の喫茶店でした。

 私は「慰安婦問題をどう解決すればいいと思いますか」と問いました。

韓国人、韓国を叱る: 日韓歴史問題の新証言者たち」 (小学館新書)

 金氏はこう答えました。

「日本政府がまとまったお金を韓国政府に渡す。韓国政府はそのお金を挺対協に預け、私たちが配分するのがいい。そう思っています」

 私は呆れました。なぜ被害者でもない挺対協がお金を受け取るのか。彼女の主張することの意味がまったくわかりませんでした。