昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

新パスポートが話題 「どうして『富嶽三十六景』なのか?」外務省に聞いてみた

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会, , アート, 娯楽, ライフスタイル

今は眺めておこう…新しいパスポートのデザインが「最高すぎる」と話題! 変更のワケを聞いた

 

長く続いた自粛ムードもずいぶん落ち着き、いよいよ6月19日から県をまたぐ観光が徐々に解除されそうだ。政府が5月25日に発表した「外出自粛の段階的緩和の目安」によると、現在は東京・千葉・埼玉・神奈川・北海道との境界をまたぐ移動は「慎重に」とされているが、これも19日には解除される見通しだ。
 

出典:首相官邸

ただし海外旅行については外務省が全世界に対して一律に不要不急の渡航はやめるよう求めており、また181の国と地域が日本からの渡航者の入国を制限していて、いつ解禁になるのかまだ不透明な状況となっている。(6月10日時点)
 

こうした中、Twitterでは海外旅行の必需品についてのちょっと明るい話題が反響を集めていた。
 

新しいパスポートが最高すぎる。

Maiko Kissakaさんが投稿したのは、今年から新しくなったパスポートの中身。日本人なら誰もが知っているであろう葛飾北斎の「富嶽三十六景」が見開きでデザインされている。
 

神奈川沖浪裏

このパスポートは2020年2月4日以降の申請に対して発給されているもので、表紙・裏表紙・人定事項・ICページ等を除き、10年用は48ページに24作品、5年用は32ページに16作品を使っている。

江戸日本橋
凱風快晴

この投稿には9万5000のいいねがつき、Twitterでは、目新しいデザインに好意的なコメントやうらやましがる人が続出していた。(6月10日現在)

・今のパスポートは こんなにオシャレなのか…
・旅行に行かなくてもほしくなる
・更新までずいぶんあるのが残念
・こんな絵柄にスタンプ押されてしまうのは逆に残念かも

評判は上々のようだが、実は表紙のデザインは以前のものと全く同じ
なぜ中身だけ変更したのだろうか?また、どうして「富嶽三十六景」を選んだのか?
外務省の旅券課に聞いてみた。
 

デザイン変更は偽変造対策のため

――デザインを変えた理由は?

わが国では、パスポートの信頼性及び安全性に関する国際的な要請を踏まえ、定期的に新しいセキュリティ技術を取り入れて偽変造対策を更新しており、今回のデザイン変更もその一環です。
 

出典:外務省

ちなみに、2006年からはセキュリティ向上のためパスポートにICチップを導入。それに加え今回のページごとに異なるデザイン採用は偽変造対策にも有益だという。また、当初は2020年に開催予定だった東京オリンピック・パラリンピックを念頭に、導入を目指したとも説明している。