昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/06/22

じつはあの有楽町線“ナゾの終着駅”から近かった

 では駅の周りはどうか。コンコースからは高架の両サイドに出ることができる。南側はクルマ通りの多い大通りが並行していて、ぷつりと途切れた高架の先には首都高池袋線がズバッと通る。このまま首都高を北に進んで荒川を渡れば美女木JCT。運転する機会が多い人ならここを通ったこともあるだろう。気が付かぬうちに西高島平駅の横を抜けていたのだ。

西高島平駅はホームから先、線路がぷつりと途切れたようになっている
西高島平駅のすぐ先を首都高池袋線が走っている

 この首都高とも交わる駅前の交差点には横断歩道はなく、歩道橋で反対側に渡る仕組みになっている。地図を見ると、どうやら少しだけ西に行けば埼玉県に入るという。西高島平駅、東京の端っこの駅でもあるのだ。どうせならばと都県境まで歩いてみた。といってもほんの5分くらい。白子川と名乗る小さな川を渡ったところに都県境があった。道路上の案内板には「埼玉県」とともに「和光市」。埼玉県に入ってすぐのところにあるマクドナルドは「笹目通り和光店」というらしい。そう西高島平駅から徒歩5分で埼玉県和光市なのだ。

駅から少し歩くと「埼玉県和光市」の案内板が見えてきた

 和光市……聞いたことがあるだろう。そう、あのナゾの終着駅のひとつ、和光市駅の和光市である。そこで地図を開いてみると、このまましばらく歩いていけばあの和光市駅に着くようだ。“謎の終着駅のハシゴ”とばかりに歩いてみようかとも思ったが、30分以上はかかりそうだから断念したが、いずれにしても西高島平駅から目と鼻の先に和光市駅がある。