昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : 社会

Aさんの携帯からヤマサキパン似C子さんのわいせつな画像が

「AさんとB子さんの関係が監察課にリークされ、調査された2人は関係を認めたわけですが、さらに監察課がAさんの携帯電話を調べたところ、複数のわいせつな画像があった。その画像に写っていたのがC子さんでした。C子さんも同じく赤坂護衛署で皇宮巡査部長として働く既婚の30代女性です。警務課に勤務しており、Aさんと同じく常日勤です。

 C子さんはロングヘアで、綺麗な顔立ちでフジテレビの“ヤマサキパン”こと山﨑夕貴アナ似。色白でかなりの美人です。仕事ができる女性というイメージですね。警務課は、働く人の制服の管理などバックアップをする仕事が多かった。C子さんは、子供もいて厳しくも優しい良いお母さんなんだろうなと思っていました。しかし、実際にはAさんとの不倫関係は約2年間続いていたそうです」(同前)

 すでに3人とも依願退職をしているという。

皇居内にある皇宮警察本部庁舎 ©時事通信社

B子さんには同じく皇宮護衛官として働く夫が

「1月29日付で副本部長注意や所属長注意の処分を受け、その後すぐに依願退職をしています。さすがに不倫関係が発覚して、署内に居づらくなったのでしょう。特にAさんとB子さんはもともと目をつけられていたわけですから。B子さんには、同じく皇宮護衛官として働く旦那さんがいると聞いています。Aさんは、奥さんや子供と赤坂の宿舎に住んでいたのですが、退職と同時に出ていきましたね」(同前)

皇族が乗られた車両を見送る皇宮警察本部職員ら(皇居・宮殿南車寄) ©時事通信社

 これら3人の不倫や、処分書について皇宮警察本部へ事実確認を求めたが、「これらにつきましては、事実関係含めお答えを差し控えさせて頂きます」との回答だった。

 前出の朝霞氏は皇宮警察の現状を危惧する。

「このところ皇宮警察の風紀が乱れていると言わざるを得ません。私も記事に書きましたが、2020年3月10日には、皇宮警察学校の学校長らが栃木県の那須御用邸の敷地内の施設で開かれた懇親会などで未成年の護衛官らと飲酒を繰り返していた事実が表面化しました。2019年6月から2020年1月にあった4回の懇親会で、同席した学校長は未成年飲酒を容認していました。

 さらに、研修先の那須御用邸では男女4人によるみだらな行為もあった。御用邸は天皇皇后両陛下や皇族方が毎年静養のため訪問されている場所です。安心してお休み頂く御用邸で、警護にあたる皇宮護衛官がみだらな行為に及ぶなど絶対にあってはならない。