昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/06/29

 基金サイドはどこに元慰安婦がいるのかも知りません。そこで新聞広告等を出して、手探りで募集等を行いました。償い金の支払い申請対象は、「慰安婦認定書」を持っている方としました。 

 韓国政府の「慰安婦認定」についての疑問は前回の連載でも指摘した通りです。 

「償い金」を受け取った女性たちに脅迫電話

 私の経験も明かしたいと思います。 

 アジア女性基金は97年1月に7人の元慰安婦に対して「償い金」と「首相のお詫びの手紙」を渡しました。この7名の元慰安婦に対しては、韓国内で激しいバッシングが起きました。「汚い女だ」、「殺してやる」との脅迫電話が2か月あまりも続くような状況になってしまったのです。 

橋本首相の手紙(『ふりかえれば未来が見えるー問いかける元「慰安婦」たちー』より)

 韓国政府担当官も、彼女らをこう脅したそうです。 

「(基金を受け取ったハルモニには)毎月政府が支給している50万ウォンを打ち切る。また、今住んでいるアパート(貧困者用の公団)も出て行ってもらう」 

 彼女たちは孤立し苦しい立場に追い込まれてしまいました。前にも述べたように、韓国名を非公表にしていた金田きみ子さんの本名を、挺対協や韓国政府はマスコミに公表しバッシングを続けました。7人の元慰安婦は人権侵害行為にも近い迫害を受けたのです。 

「漠然としすぎている……」慰安婦慰労旅行での出来事

 私たちは7人を慰労しようと考えて日本の温泉に招待しました。伊豆、箱根を巡る1週間の旅行です。せっかくだから、実態調査も行おうということになりました。 

 私はある慰安婦とタクシーに乗り、雑談がてら「どこの戦地に行かれたんですか?」と聞きました。 

©iStock.com

 彼女はニターと笑い、手帳を見せてきました。 

〈昭和18年南洋群島〉 

 手帳には日本語のメモ書きが書かれてました。彼女ではない誰かが書いたことは明らかな字でした。 

 南洋群島というのは漠然とし過ぎています。その土地の慰安所で生活をしている訳ですから、地名や島名を知らないのは不自然です。 

 例えば姜順愛さんは、7人の後に償い金を受け取ることになりましたが、南洋群島のパラオと地名を正確に答えています。