昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

高位脱北者に聞く「なぜ北朝鮮は対韓国軍事計画を保留したのか?」

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会, 国際

なぜ北朝鮮は対韓国軍事計画を保留したのか?情報機関出身高位脱北者の分析

 

脱北者団体が金正恩委員長を批判するビラをまいたことをきっかけに、南北共同連絡事務所を爆破するなど韓国への強硬姿勢を強めてきた北朝鮮。ところが6月24日、金正恩委員長が出席する朝鮮労働党中央軍事委員会予備会議で、対韓軍事計画を保留する事が決まった。

朝鮮半島の緊張を一方的に高めてきた北朝鮮が、なぜ突然立ち止まったのか?北朝鮮の狙いは何なのか?私たちは、長年北朝鮮の情報機関に所属し、金正日総書記の指示を受けて作戦計画を立案した経験もある、高位脱北者の男性に分析を依頼した。

綿密に計画された戦略

金委員長は今回の「戦略」により、最小のリスクで多くの利益を得たという

ーーなぜ北朝鮮は軍事計画を保留したのでしょうか?

今回北朝鮮が軍事計画を諦めたのだと多くの北朝鮮専門家やメディアが分析していますが、そう見るのは正確でないと思います。軍事計画を諦めたのではなく、一連の動きは事前に綿密に作成・計画された上で実行された、完結した戦略だと見るべきです。この戦略により、北朝鮮はすでに多くの価値を得ることに成功しました。

その価値とは、
・金与正(キム・ヨジョン)党第一副部長を前面に出す形で南北連絡事務所を破壊し権威付けに成功
・南北関係破綻を宣言
・脱北者の韓国での社会的地位の最小化および生存不安をかき立てた
・南北関係を主導するのは北朝鮮であることを印象付ける

これら多くの価値を少しのリスクや負担もなしに、北朝鮮が取得したということです。軍事行動という変数を持ち出したのは、注目度を高めて、政治的効果を最大化するためです。

高位脱北者は今回の「戦略」は与正氏ではなく金正恩委員長が裁可したと見ている

この分析の根拠は、今回事態が進行した過程にあります。
今回、統一戦線部は朝鮮人民軍総参謀部に作戦計画の立案を求め、総参謀部はその作戦について朝鮮労働党の軍事委員会に批准を求める形を取りました。まずこのプロセスにより事態が動くスピードを遅くし、長期間相手(韓国)を緊張させ、内外の関心を最高に高めさせました。

今まで北朝鮮では、こうした過程を公開しながら、物事を進めたことは一度もありませんでした。つまり、事前に深く計画された戦略によるものということを、客観的に物語っています。最初からよく計画された案が金正恩委員長の裁可を受けて、金与正氏を前面に出して進行されたと見るべきだと思います。こういう物々しい計画案を金与正氏が一人で勝手に計画して進めることは絶対にできません。

今回軍事計画が保留されたということは、事前の計画立案通りだったと言えます。なぜなら、(与正氏の指示を受けて)統一戦線部という党の部署が軍に依頼して作成された軍事計画を、党の軍事委員会が保留するということは、党内の統一や団結を誇りとする北朝鮮では、有り得ないことだからです。党の内部で意見が分かれる事は、金委員長の恥となります。言い換えれば、金委員長が決めた事前の戦略通りでなければ、党主導の軍事計画を党が保留するという事態は絶対に起きえないのです。