昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/07/05

 ただ現実には、そう悠長なことも言っていられなかったろう。暴力団に売り上げをガジられ、ゴロツキに悩んだ新宿の商店主たちは、加納を徹底的に持ち上げ利用した。頼りにならない警察とは違い、どんな相手であっても臆せず、自警団の先頭に立ってくれたのだから、便利な存在になっていった。

自警団として活躍した愚連隊

 商店主たちは加納を守護神とあがめ、「神様、仏様、加納様」と、あちこちで褒め称えた。戦後の一時期、新宿で加納の人気は絶大だった。生前、加納の誕生会に出席した京王プラザホテル関係者や、武蔵野館(映画館)の総支配人たちは何度も加納の喧嘩を目撃し、その拳に助けられたと証言している。通常なら誰かに用心棒を頼むと金をせびられるが、加納の要求はただ食いと映画の無料鑑賞だけだったから、費用対効果は絶大だった。

「みっちゃんが現れると、サーッと人混みが割れる。そうして相手はあっという間にKOなんだよ」(新宿の喫茶店経営者・故人)

 という証言は、誇張はあってもあながち嘘ではない。

©iStock.com

 ヤクザたちが一目置いていたのも事実らしかった。単に腕っ節が強いだけではなく、頭も切れたのだ。複数の相手と喧嘩をするときは、背後を壁にして、確実に相手のリーダー格を狙った。荒唐無稽にみえるファンタジーは、細部をみると心理学的に辻褄の合う戦法になっていて、殺気だった場面を飲み込んでしまうツボも心得ていた。

「うちの縄張りで好き勝手なことしやがって!」

「そんなもん、地図には載ってねぇだろう!」

 掛け合いでは、答えにつまった側が負けだ。ここでの劣勢は、喧嘩になってからの流れを大きく左右する。ナイフや拳銃を使わなかったのは、喧嘩をスポーツの範疇にとどめておきたかった加納の作戦だった。素手の相手に武器は使えない……ヤクザの側にもまだロマンと潔さが残っていた。

暴力団にも一目置かれる存在

 実際、晩年になっても、新宿の暴力団たちは加納に敬意を払っていた。自由気ままに新宿を徘徊する薄汚いジジィに、ぱりっとしたスーツを着込んだ強面たちが最敬礼する様子はコミカルだった。

 ただし、暴力団がその気になれば、加納を殺すことはできただろう。大勢で闇討ちし、拳銃を使って撃ち殺してしまえばいいだけの話である。暴力団が本気にならなかったのは、加納がうなるほど金を持っており、彼らの米櫃に手を出さなかったからだ。

潜入ルポ ヤクザの修羅場 (文春新書)

鈴木 智彦

文藝春秋

2011年2月17日 発売

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー