昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

5人の女性から毎月100万円もらう役も……35歳になったRADWIMPS野田洋次郎はなぜ芝居に挑戦するのか

朝ドラ『エール』にも出演中

2020/07/05

 ロックバンドのRADWIMPSは、この3月から5月にかけて、中国で先行配信された「Light The Light」を皮切りに「猫じゃらし」「新世界」「ココロノナカ」とあいついで新曲を発表した。

「Light The Light」は2月初旬、バンドのフロントマンを務める野田洋次郎が、中国で世話になっている人から、「新型コロナウイルスの影響で不安な生活を送る人々を励ます歌をつくってほしい」と打診を受け、手がけたものだった。このあと、3月に入ると日本でも感染者が急増し、全国で大半の学校が休校に入ったのをはじめ社会的にも大きな影響が出始める。そのなかでRADWIMPSも3月20日から予定していた国内ツアーを延期、ワールドツアーは中止せざるをえなかった。ワールドツアーは1年以上も前から準備していただけに、野田は落ち込み、2~3週間は何も手につかなかったという。

35歳の誕生日を迎えたRADWIMPSの野田洋次郎

 そんな状況にあって、5月8日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)への出演が決まる。その放送当日までに新曲をつくるという目標が与えられたことが、野田には救いとなったようだ。当初、番組では、先にできた「ココロノナカ」を披露する予定でいたが、野田は歌ってみてどうもしっくりこなかった。この曲は、明日への希望を込めた応援ソングである。彼としては《これを歌うことで皆の心が癒やされてくれるのなら、それはもちろんうれしい》のだが、《でも、ただ“希望”をうたうだけでいいのかな、という違和感が、自分の中でどんどん強くなってしまった》という(※1)。ここから急遽、番組のために新たに書き下ろしたのが「新世界」だった。その歌詞には、「きっと同じ世界にはもう戻らない」とあるように、新型コロナによってすっかり変わってしまった世界のなかで、人々が抱く不安も織り込まれていた。

5人の女性から毎月100万円を受け取り……“俳優”野田洋次郎の仕事

 きょう7月5日は、野田洋次郎の35歳の誕生日である。近年では、新海誠監督の劇場アニメーション『君の名は。』(2016年)、『天気の子』(2019年)の音楽をRADWIMPSとして担当したり、個人でも映画やドラマに俳優として出演したりと、映像関係の仕事も目立つ。連続ドラマ初主演となった『100万円の女たち』(2017年、テレビ東京系)では、同居する5人の女性たちから毎月100万円もの家賃を受け取りながら暮らすミステリアスな作家を演じた。そこでは感情を表にあまり出さない野田扮する作家が、ひそかに背負っている重い過去と向き合っていくさまが強い印象を与えた。一昨年には、プライベートでも親交のある松田龍平主演の映画『泣き虫しょったんの奇跡』に出演。さらに現在放送休止中のNHKの朝ドラ『エール』でも、昭和歌謡界のヒットメーカー・古賀政男をモチーフにした作曲家(役名は木枯正人)を演じている。

 俳優デビュー作は、2015年6月公開の主演映画『トイレのピエタ』だった。