昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「産もうと。結婚なんてしなくてもいいからって」時代のミューズ・小林麻美が37歳で親友ユーミンにも芸能界にも別れを告げた理由

岡村靖幸×小林麻美「幸福への道」

 4年前、25年ぶりにモデル活動を再開した小林麻美さん。小林さんはなぜ人気絶頂期に突然引退し、なぜ復活したのか。その激動の人生と、「幸福論」に岡村ちゃんが迫った。

 

◆ ◆ ◆

小林 私の長いキャリアでも文藝春秋社に来たのは初めて。ほかの出版社はすごくあるのに、ここだけは(笑)。なんかドキッとするじゃないですか、後ろめたいことなんてな~んにもないのに(笑)。

岡村 この対談は「幸福」について聞くものなのでご安心ください。

小林 良かった(笑)。

岡村 以前、別の雑誌で『結婚への道』という対談連載をやっていたんですが、これはその発展系で。僕、結婚したことがないんですよ。

小林 ゼロ?

岡村 ゼロです。だからこそ、なぜみんな結婚するのかを知りたかった。結婚した人、離婚した人、1人で生きている人、同性愛の人、いろんな人の話を聞いたんです。

小林 結論は? 

岡村 当たり前ですが、結婚=幸せの形ではないんだなと。だから、ますます結婚がわからなくなりました(笑)。ただ、お子さんがいらっしゃる方のほとんどが、「とにかく子供だ」と。子育てを通して得がたい経験ができるのがいい、それが幸せであるとおっしゃって。

小林 その通りだと思います。子育ては最高。私もそう。子供の存在はすごく大きかった。

発売中の『週刊文春WOMAN vol.6 (2020夏号) 』に掲載

18歳で歌手デビュー。でも売れなかった

岡村 小林さんのオーラル・バイオグラフィー(『小林麻美 第二幕』)を読みました。60~80年代の東京のカルチャーが六本木のレストラン「キャンティ」を中心に描かれていて興味深かったです。

小林 ありがとうございます。

岡村 小林さんは、高校生の頃に芸能界に入られましたが、スカウトされたのがキッカケだったと。

小林 そう。それが15ぐらいの頃。で、仕事を始めたのが17。いくつかCMをやって、18で歌手デビューするんですが、売れなくてやめて。ハタチ前ぐらいからモデルをやるようになって。そこでようやく開花した、そんな感じかな。

岡村 資生堂やパルコのCMで一世を風靡して、ファッションアイコンになって、ドラマや映画でも女優として活躍して。そして、30代後半で所属事務所社長だった15歳年上の田邊昭知さんと結婚された。以後25年ですか、表舞台に出ることは一切なかった。本にも書いてありましたけど、田邊さんと出会わなければ、いろんな恋愛をして「大女優」になる道もあったのかもしれない、と(笑)。