昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

池上さん、来年7月スポーツの日は五輪再延期・中止でも祝日になる?

池上さんに聞いてみた。

2020/08/04

Q 2021年7月のスポーツの日も祝日になる?

 東京オリンピックの開会式が行われるはずだったスポーツの日(7月24日)は、延期になっても変わらずに祝日でした。もし2021年にオリンピックが行われなくても、同じく祝日になりますか。(10代・男性・学生)

©iStock.com

A 法改正が行われれば、祝日であり続けます。

 祝日の移動は法律にもとづきます。政府は2021年も、本来は10月のスポーツの日を7月に移動させる「東京五輪・パラリンピック特別措置法改正案」を秋の臨時国会で成立させる予定ですから、法改正が行われれば、たとえオリンピックやパラリンピックが再延期ないし中止になっても祝日であり続けます。

 まあ、秋の臨時国会の前にオリンピック・パラリンピックの再延期ないし中止が決まったら、移動させる法改正案も立ち消えになるでしょうが。政府としてはギリギリまで判断を先送りするでしょうから、来年もスポーツの日は7月で決まりになるでしょう。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー