昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

わたしの「神回」

キムタクは父になる前からかっこよかった……「Cocomi、Kōki,に教えたい」出演ドラマ“3つの神回”――2020上半期BEST5

番外編は“あの伝説のコントバラエティ”

2020/08/20

2020年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。ドラマ部門の第3位は、こちら!(初公開日 2020年5月7日)。

*  *  *

 木村拓哉は父としてもかっこよかった……。

 次女Kōki,に続き、長女Cocomiのデビューも発表された木村拓哉。

 最近では、工藤静香の誕生日におこなわれた姉妹のインスタライブで「お父さんのどこが好き?」と聞かれたCocomiが「全部」と答え、木村拓哉のWeibo(中国でのSNS)では夫妻2人の写真がアップされるなど、「木村拓哉も父だった」ことが、再確認できるようになってきた。

 ときに2000年の冬、稀代のスターであり、今のように多くの既婚者がいたわけではないジャニーズアイドルの歴史から見ても、大きな衝撃があった28歳での結婚発表。あれから20年……父としてのイメージを出さずにいた木村拓哉の“父タク・解禁”は、新鮮な驚きを持って受け入れられている。

 そんななか先日、5月1日のCocomiさんの誕生日に公開されたインスタライブでは、妹のKōki,さんと揃って「トト(木村拓哉)のドラマとか見たりしますか?」というファンからの質問に「見ますよ〜!」と答える場面があった。Kōki,さんが「キスシーンで叫んだ」と、2010年のドラマ『月の恋人〜Moon Lovers〜』など出演ドラマや映画の名前が上がるなか、「昔のやつ(ドラマ)は見てないかも……」というCocomiさんに「そうそれね!見たいなって思ってたの」という会話が印象的だった。

 なるほど、 “木村拓哉の娘に生まれてきた”という幸運が大きすぎて、今まで知る機会がなかったのですね……。

父・木村拓哉と次女のKōki, 長女のCocomiも今年3月にモデルデビューを果たした ©Getty

 そこで、本稿では、“木村拓哉ドラマの神回”を紹介する形でおふたりにお伝えしたい。

 木村拓哉が父になる前の90年代、そして幼くておふたりが覚えていらっしゃらないかもしれない2000年代初頭の頃の輝きを――。

その1)「俺じゃダメか?」伝説のバックハグ 『あすなろ白書』第2話

 まずご紹介したいのは1993年の『あすなろ白書』。きっと、おふたりが記憶に強く、そして世間的にもイメージが強いのは、“主演の木村拓哉”だと思う。2000年代の木村拓哉は、連ドラに出演する場合は基本的には主演。そうなってしまうのが、スター・木村拓哉の宿命とも言える。しかし、実は、木村拓哉は脇でも光る。

 大学生の恋物語である『あすなろ白書』で木村が演じたのは、ヒロイン・なるみ(石田ひかり)に恋する・取手くん。このドラマの主演は筒井道隆演じる掛居くんだった。

あすなろ白書(DVDジャケットより)

 他にも女性の陰がある掛居くんより、なるみに一途な取手くんに視聴者の気持ちが傾きかけているところで、繰り出されたのが第2話。「俺じゃダメか?」と言いながら、取手くんが後ろからなるみを抱きしめる姿は“あすなろ抱き”と呼ばれ社会現象に。木村拓哉の人気がお茶の間で沸騰した瞬間とも言える。

「月9の主演」を蹴って、取手くんを選んだ理由

 ちなみに、このドラマのキャスティングには逸話がある。

 もともと、プロデューサーである亀山千広(後のフジテレビ社長)からのオファーは、実際と逆、すなわち主演の掛居くんに木村拓哉、2番手の取手くんに筒井道隆だった。しかし、その配役を「チェンジしたい」と木村は申し出たのだ。

 木村にとっては「月9の主演」を蹴って、自ら番手を下げる判断。これは筒井も同意の上だったが、プロデューサーが決めた配役を、若手の俳優が変える、というのは基本的にありえない話だ。それでも、2人の提案は受け入れられ、異例とも言える配役交代が決定する。これは亀山プロデューサーが「このドラマで人気が出たら、いまオンエアされている、どのCMの誰のポジションに就きたいのか、イメージできているのか」と2人に確認したところ、明確なイメージができていたことが決め手だったという。(「THE 21」2008年5月号より)

 自分の将来像に若い頃から強い意志を持っていた木村拓哉。このドラマ出演をきっかけに、人気は沸騰し始めたが、初の主演ドラマとなる『ロングバケーション』でキムタク人気が爆発するのは、まだその3年後の話だ。